No One Lives Forever 2 – 比較対象は前作

本作No One Lives Forever 2はよく出来ている。前作に比べAIが賢くなり(詳細はPCゲーム道場)ステルスもアクションが面白くなった。当然グラフィックも良くなり主人公ケイトが美人に、EAX3採用により没入感も上がった。さらには成長システムも導入され、ゲームとしての完成度は間違いなく上がった。2003年当時トップクラスと言えよう。

しかし、前作のファンが求めていたのは良質なステルスシューターではない。映画のさながらのスーパーエージェントを仮想体験できる一人称型アクションアドベンチャーなのである。どこかで見たような、憧れのシチュエーションが数多く用意され、単純にプレイするだけでも心地よい気分に浸れる。そんなゲームだ。今回Monolithが精いっぱいに整えたNOLF2を触ってみて、NOLF1は奇跡のバランスだったように思う。下手に、いや上手にでもいじってはいけなかったのだ。


◆戦闘とステルスの兼ね合いは相変わらず丁度良い。普段はステルスを重視しつつも、飽きたらプランBとしてゴリ押していけるのでストレスは無い


◆違うんだよなぁ。この右クリック一発でガジェット類が使えてしまうのは確かに洗練であり改良であり便利なのだが、求めてたものは七面倒でも、秘密のスパイ道具を使ってのごっこ遊びなのだ

Still Not Dead – クリア報告

2回目のプレイでクリア。クリアするだけならばFPS+ローグライクというジャンルの中でも簡単な方…などと考えていたが、その後、何度もプレイしているうちにどんどんゲームプレイが安定しなくなっていったので、本当に簡単なのか分からなくなってしまった。一定時間経過後に巨大なドクロが出現し、プレイヤーを追いかけまわしてくるシステム上、時間を使って探索やキャラ強化を行いにくく、運が悪い時のリカバリーが効かないような気がする。リトライゲーなのだろうか?


トレイラーはお金をいじって強力な武器を使い放題にしているので参考にならない。トリガーハッピーな展開を期待していると肩透かしを食らう


◆周囲の壁を破壊しながらプレイヤーを追いかけまわしてくる巨大ドクロ。本気で殺しにくるというよりかは、アイテム探しやお金稼ぎなどの寄り道を防止したいようだ

Doom Zero – 名前は大層だが(60)

idとBethesdaから公式にライセンスされたDoom Zeroを軽く遊んでみた。名前から想像できるかもしれないが、DOOM(1993)に寄った作りとなっているため、戦闘やMAPの構造はあっさり目。その分だけパズル要素が強くなっており、なかでもスイッチ関連はどこで作動しているか分かりにくく、ドツボにハマりやすい。客観的な出来は良いが、結構好き嫌いが分かれるように思う。

  • MAP09…凝った作りが好き
  • MAP13…サクサク、ノリノリで進められて楽しい
  • MAP28…道の繋がっていく感覚が心地よい


◆柔らかい敵が多く、戦闘面で苦労することは無いと思われる


◆新敵の「アルファソウル」はDOOM(1993)のアルファビルドに入っていた未使用データを復元させて作ったとのこと

Tom Clancy’s Rainbow Six 3: Raven Shield – 悪い見本

難易度Veteran(2/3)で開始後いやな予感がしたため、Rookie(1/3)に下げて一周クリアまで。気に入ったら二週目に難易度を上げれば良いという発想。ほどよくヌルいため、本作の重要システムであるプランニングをある程度無視できた。これが良いか悪いかは分からないが、なんとなく特殊部隊ごっこがしたいという私にとってはカジュアルで丁度よかったように思う。繰り返しになるがプランニングを無視し、普通のFPSとして遊んだ間違った遊び方なので、ああだこうだ言う事柄は無い。基礎的なゲームの作りと音の定位が抜群に良く、リプレイに耐えられる出来なのは確認できた。


◆丁寧なクリアリングとリーン。ヨシ!


◆安全確保してからの人質誘導。ヨシッ!

American McGee’s Alice – クリア報告

1X年ほど積んでた本作を難易度Normalでクリアまで。雰囲気が良くとてもよく出来ていたので、最初から最後まで楽しい気分を維持しながら遊べた。実際にプレイしなければ良さがわからないだろうし、すでに語りつくされていることもあり、これといって言うべき事柄は無いが、プレイヤーへの道案内が上手だったように思う。小さくなったアリスから見た世界や鏡の国、冒険色の強い溶岩や機械仕掛けのステージなど、数多くの不気味なロケーションでも進むべき道がほんのりと記されており配慮を感じた。また、直線的な場所では戦闘が増え、探索部では敵が少なくなるという作りも、アクションアドベンチャーとしてうまい具合だったのではないだろうか。

続きを読む