UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st] – 100万RIP到達したんゆ!(2)

ミカちゃんが銀河系で一番かわいいのは見れば分かると思うが、キャラクター性能の方も見た目通り巨大なガントレットを用いたインファイターとなっている。高性能な2Aを主軸に、判定の強い5B、有利フレームをとれるIC5C、暴れ潰しに適した3Bなど近距離での殴り合いが得意な反面、対となる通常投げでの崩し後の状況が良くないのが悩みどころ。意外とこのキャラ設計を知らないプレイヤーが多いため、打撃でノックし続けているだけで、リスクを抑えてダメージを奪っていける。

とはいえRIPが100万を超えたあたりからミカの困る行動を知っているプレイヤーが増え始め、暴れも極端に減り、ガードを固めながら、”食らってはいけない”ミカちゃんキャノン(打撃投げ)だけに注力し投げ抜けの準備をされる展開に。通常投げだけを費用と割り切られるこの状況はミカ側にとって辛いのだが、投げ抜け不能のミカちゃんヒップアタックをダッシュから安定して出せるようになれば(6AB+4123698C)、じゃんけんが成立するところまで持っていけるので、なんとかゲージを貯めておきたいところ。VP状態(ゲーム内で徳を積んだ方が一定時間優遇されるシステム)を獲得できれば、高速中段やヒップアタックからの追撃も可能になり、接近に強烈な圧を加えられる。ミカの攻めに対して相手側が安定的な防御策をとればとるほど、重い裏択のミカちゃんヒップアタックに対応できなくなるのが興味深い。


◆かわいい


◆かわいいXD

Ghone is gone – ジョークソフト

ルソー・ニッソン・ビシビシ企業連合の元CEO・ロスカル・ゴン。仮保釈されたものの、24時間監視され続け、僅かな隙をついて、迫りくる敵から逃れ、楽器箱に身を隠しながら、西関空港を目指し、ノンレバ国へ脱出せよ!!引用元:Steamストア – Ghone is gone

公式のストーリー紹介が好みの馬鹿々々しさだったに加え、突如販売中止になりそうな予感がしたので、すぐさま購入。ゲーム内容はステルスアクションに分類されるが、操作性が悪く、(期待しているユーザーは少ないだろうが)あまり面白くは仕上がっていないため、適当にプレイしても良いだろう。ゲーム外に比べ意外とゲーム内のユーモアは少ない。

一応、お金(弾薬兼HP)が減らぬよう真面目にプレイすると頻繁に楽器箱の中に入り込み、警察や検察に見つからないようにやり過ごさねばならないのだが、この「やり過ごす」というのが文字通りその場でボケーと敵がいなくなるのを待つだけなので、脳みそにとって非常に退屈。よってその時間、日本の司法制度のあり方、いまだに自動車産業に頼る経済でよいのか、ゴーンが来る前と来た後で日産がどう変わったかなど小難しいことを考えてみるのも悪くない。


◆左下に主人公ロスカル・ゴンの顔が常に映っており、ゲーム性を大きく阻害。何を優先するべきかをしっかりと理解しているキャラゲーの鑑


◆数年前であれば何も考えず「知っとるわ!」と笑えたが、エスパー伊藤氏を見るに強引に体を曲げるというのは素人が考える以上に体への負担が大きいのだろう。ううむ・・・

Ion Fury – 周囲を見物しながらゆっくりと

Duke Nukem 3DやBloodなどのBuild Engineのゲームが好きであればマストバイ、それ以外のプレイヤーに合うかは分からない。同時期に発売したオールドスクール型シューターのDUSK(2018)は3D描画ということもあり比較的幅広い層のユーザーが楽しめる設計だったが、本作に採用されているBuild Engineは疑似3D(2.5D)であり、かつ癖も強め。経験者向けに作っていることも大きく、地を這ってくる敵や空中から攻めてくる敵など対処に手間のかかる相手が多く出現し、癖の度合いが上がっているのである。

これらと楽しい気分で対峙するためには、やはりシークレットを発見し戦力を整えるいく必要がある。そのシークレット探しこそがBuild Engineのダイナミックな描画力を活かした優れた点であり、id Tech1(DOOM)との差別化を図っているところなのだ。よって目の前の敵を倒す以上に余裕を持ちながらMapをうろうろするのが大事。やや人を選ぶゲームではあるものの、ビジュアルから難易度調整、プレイ感覚まで総合的に質は高く、満足感のあるゲームに仕上がっている。より詳しくはToyoch氏のレビューを参考にしてもらいたい。

Croixleur Sigma[Old] – 10分内クリア達成

Desura版Croixleur無印より6年ぶりのプレイ。ストーリーモードを10分以内にノーコンテニュークリアする実績を解除したので切りよく終わる。本作がどのようなアクションゲームかは公式紹介動画の冒頭20秒に集約されており、これを手本にプレイするのが上達への近道だろう。

上記の動画では難しいことをやっているように見えるが、一連の動作を容易な操作を行えるようにした点が本作の良いところだ。オプションから各種アシスト機能をONに変更すれば、アクションに苦手なプレイヤーでも美少女剣士を暴れさせることができる。ゲームに慣れてくると、頼りになったアシスト機能が邪魔に感じてくるかと思うので、その時に切ればよく、マニュアル操作で思いのまま彼女たちを格好よく動かそう。

Killing Floor 2 – 一年ぶりに遊んでみた(2)

確かE.D.A.Rという敵キャラが追加されたあたりでゲームを止めた記憶がある。久しぶりにゲームを遊んでみると、ヤツらは随分と弱体化された印象だ。強力な武器も増えたことからプレイヤー側の火力が増えたようで、よりのんびりと気楽に遊べるゲームになった気がする。最近追加された新ボスMatriarchは手ごわいが、ボスという性質を考えると妥当な気もする。今回は難易度Hardをメインに、去年触らなかったクラスを中心にチームの構成を見ながら選びプレイした。

  • Berserker…触ってみたら意外と面白かった。パリィを駆使しながらの肉壁はまさにバーサーカーという感じでCo-opしている感が強い。他のプレイヤーの邪魔をしているかどうかは気にしないようにした。そのためのHardなのだ
  • Gunslinger…KF1とは逆に、ある程度動きながら撃つのがKF2のデザインのようで、それに最も適しているのがこのGSだろうか。良くも悪くも強さがAIMの腕に左右されるため、変な緊張感がある
  • Firebug…Helios Rifleが追加されたおかげで大型相手にも戦えるようになり、安定感が増した。攻撃職としての価値は上がったが、個性(アイドル的立ち位置)は減ったかな
  • SWAT…味方にサポートがいれば選択。弾薬に余裕があるなら素早い雑魚処理が可能でトリガーハッピーを楽しめる
  • Demolitionist…ボス戦でチームの火力が足りない時に選択
  • Field Medic…周りどころかHPも見ていないプレイヤーがいるときに選択
  • Support…難易度Suicidalで遊ぶときに選択。弾薬配布要員
  • Sharp Shooter…良くも悪くも強くて生真面目なPerk。味方の構成(理解や空気を含む)によって楽しさが変わる
  • Commando…今回は不使用。安定して射撃とチームプレイを楽しめる良Perk
  • Survivalist…今回は不使用。ゲーム全般の理解度が低いからかこのクラスでやりたい事がない


◆ヘッドショットが成功しているうちはノリノリであるが、地形やよろけなど様々な要因で頭に当たらなくなると、それに引きずられ調子の方もどんどん下がっていき変な汗が出てくる…


◆とりあえず主要なPerkを20まで上げて一段落