Counter-Strike: Condition Zero – Botとでも楽しめる(2)

そもそもCounter-Strikeが嫌いというFPSプレイヤーがいるのだろうか。単純明快かつ緊張感の味わえるゲームルール、ストッピングを初めとするやり込みがいのある技術の数々、改良に改良を重ねられたMap達。それらが合わさり誰もが認める世界最高のFPSであることに異論は無いはずだ。ただ、その高い完成度や競技性に魅せられ、膨大な時間を遊んでいる熱心なプレイヤー達に、何もできずボロ雑巾のように倒され続けるのが嫌なだけなのである。つまりは、Counter-Strikeを遊びたいけれど、あまりに勝てないのは嫌なので、頭の良いBotが標準搭載されているCounter-Strike: Condition Zeroのキャンペーンをのんびりと(難易度Normalで)遊ぶことにしたわけだ。また、キャンペーンは出来が良いわりにCounter-Terrorists側のミッションしか用意されていないという半端かつ勿体無い状態なので、有志が作成したTerrorists側のミッションパックも試しにプレイしてみた。

実際にプレイしてみるとCounter-Strike未経験者を想定している気の利いたシステムに驚かされる。まず買い物中に時間が止まる。そのため、ゆっくりと時間を掛けて武器を選びマウスクリックで購入することが可能だ。当然ConfigにBindを設定するような面倒も無い。また、1.6の時は機能していなかったAutobuyも信用できるものになっており、自動でアサルトライフルと弾薬と防具を購入してくれるのがとても便利。さらに最初から多くの資金を持っているのも嬉しいところで、通常の対戦と違いピストルラウンドを行わずともアサルトライフルを持ってゲーム開始できるようにしたのは英断と言える。そして、初めて見るMAPでも前述した頭の良いBotに付いて行けば、自然と相手陣営とぶつかる場所も覚えられ、Counter-Strikeを遊んだことのないプレイヤーでも基本的な流れを理解できる。クリアまでいけば、全くの初心者でもある程度の自信は付くだろうし、世界人気No1オンラインゲームの入門ソフトとして非常によく出来た作りだ。・・・書くのが10年遅いって?

hl 2015-07-17 22-29-40-94_Ra
◆キャンペーンは通常のマルチ対戦とは違い、単純にラウンド勝利を重ねるだけでなく、いくつかの目標を達成する必要がある。それはボムを解除しろだとか、ショットガンで5人倒せだとか、ブルパップで7人倒せだとか、75秒以内にラウンドを勝利しろだとか比較的簡単な代物だ。ボムや人質関連はルールの理解に適しているし、普段使わない武器を指定されるのは新鮮な気持ちで戦えるのでなかなか良いと思う。なかでもMagnum Sniper Rifle(AWP)でキルを命じられるものは、あまりにも簡単すぎて、課題というよりはボーナスであり息抜きになっているのが愉快である。ドゥーン

hl 2015-07-17 22-39-08-46_Ra
◆チームメイトの編成が可能。序盤はサブマシンガンやショットガンといった極端な武器を装備した味方しか雇えないので、不安定で活躍に期待できないが、後半になるにつれアサルトライフルを持ったキャラクターを多く雇えるようになるので、ゲームが進行するほどに楽になる印象。やはりAKやM4は単純に強く、遠距離から近距離まで対応できるため、自分が死んだ後でも彼らのフォローに期待できる。(Botは大多数のMapで安定動作してくれる反面、FastlineなどのOfficial Mapでも狭く入り組んだ場所では完全に混乱してしまい、初めて迷路に挑戦するネズミのようで見るに耐えないのが残念だ)

Call of Duty: Black Ops 2 – CoDとはなんぞや(19)

純粋な戦闘はCall of Duty史上最も面白かった。だが、これはプレイヤーが一人でガンガン撃って進めるという作りから感じる面白さであり、特別にBlack Ops 2がうまく作られているというわけではない(銃の感触は相当なものだが)。それどころか、AAA級FPSからB級FPSに近づいたことすら意味し、ヒーローではない一兵士を描きたかったという初代Call of Duty(Infinity Ward)の考えからも逸脱しているので、BO2は完全に”Call of Dutyである意味”が無いように思う。これを今のメイン購入層がどう思っているかはわからないが、さほど熱心なファンではない私はシリーズ9作目であることを考慮するとやむを得ないのかなと消極的に考える。また、以後のCall of Dutyについてああしてほしい、こうしてほしいといった要望もないので、今までどおり安くなったら買うという姿勢のままだ。

・・・あ、いや、違った。本当は言いたいことが少しある。実は難易度Normalを選択したからだろうか、銃を乱射して倒した敵の落とした銃を拾って再度乱射しておもいっきり走り回って敵を蹴散らすようなやりたい放題のプレイができたので、実際にゲームを操作した時間よりも、その前後に挟まるストーリーを”見させられた”時間の方が長く感じたくらいだ。いくらCoDの伝統と言っても、さすがに今回は実質的なゲームプレイ時間が短すぎる。Treyarchはせっかく、戦闘をアクション方向に味付けしたり、ゾンビと戯れるモードを追加したり、ミッションにRTS要素を取り入れるなどして”Call of Dutyらしさ”というものを放り投げたのだから、いっそのこと次からはスクリプトやストーリーにもスキップ機能を付け足して、私のような単に銃を撃ちたいだけのプレイヤーへのアプローチを始めても良いのではないだろうか。どうせCall of Dutyとさえ銘打っておけば売れるのだから。

t6sp 2015-07-17 10-21-56-76_R

Call of Duty: Black Ops 2 – レベル55到達(18)

最初にマルチプレイを遊んだのは2013年のフリーウィークエンドの時だっただろうか、その時はやけの足音の小さい戦場に「消音ブーツでも開発されたのだろうか?さすが近未来が舞台だな」と勝手に納得しそこで終わっていたのだが、ちょうど先日セールで値段が落ちた時に、マルチのプレイヤー数が続編のGhostsやAdvanced Warfareよりも多いという異常な(愉快な)状態を知って興味が湧いたので遊んでみた。前述した足音の問題はオプションから音量を増加させるSuper Crunchで改善できた。

最初に困ったのは”主戦場を察知できない”ことだ。パターンとしては敵をうまく発見できずにウロウロしてうちに一方的に殺されるという感じ。どうも多くのMapは大通りを走るか待つかを的確に判断しないとスコアに結びつかないようなので、その判断には必要な経験が少ない私は迂回し距離を詰めていくのだが、いつの間にか主戦場を変わっていて進むべき道を見失ってしまい、ウロウロしている時に撃たれてしまうのだ(強いアサルトライフルにAdjustable Stockアタッチメントを付けることで好きな場所に好きなタイミングで突撃できるようになると気が付いたのは相当時間が経ってから)。とにかく、さんざん歩いた末に撃ち殺されるのだけは絶対に嫌だったので、LMGを持ってキャンプを開始。BO2は近年のゲームに珍しくLMGの性能が高く、Map構造も手伝ってか、簡単に活躍できるようになりかなり満足。唯一、ルームに上手な日本人が半数以上いるような時は、敵味方共に連携がとれていて攻撃の展開が読みやすく、アサルトライフルに切り替えたほうがうまく立ち回れて良い結果になることが多かった。Mapも武器の性能もシステムも十分に把握できておらず、まだまだ詰められる場所はたくさんあるように思うが、さすがにもうTDMには飽きてしまっている。

t6mp 2015-07-10 16-11-25-44_Ra
◆勝ってるプレイヤーだけが気持ちよくなれるシステム

t6mp 2015-07-14 21-42-42-73_Ram
◆最終成績。無目標でTDMを遊ぶのも張り合いがなかったので、途中から前作のBlack OpsよりもK/Dレートを上げようと思い立ち、デスが嵩まないようにかなり気を使った

POSTAL 2: Paradise Lost – 馬鹿健在(5)

10年の歳月を経て発売したPostal 2のDownload Contents「POSTAL 2: Paradise Lost」を難易度Averageでクリア。ボリュームがあり、値段の割にRWS社の気合の入りまくった本DLCはファンにとってマストバイアイテムであることに間違いないので、すぐさま購入して再度下品な世界に入り込んでもらいたいと思う。逆に、本編を遊んでいないプレイヤーには核破壊後のパラダイスシティがどのように変わったのがわからないため、プレイ済みのファンと比べてあまり散策を楽しめないかもしれない。また、メタ的なネタも多いため、本当は拡張パックのPostal 2: Apocalypse Weekend、映画版Postal、続編のPostal 3に触れておいたほうが良いのだが、所詮はお馬鹿ゲームなので、あまり神経質になる必要もないだろう。主人公のDudeは恐妻家で、Mike Jは開発のRunning With Scissors社プロデューサー、Zack Wardは映画版PostalのDude役で、Postal 3が全世界で不評だったということだけ知っていれば十分だ。ややネガティブに書いてしまったが、結局楽しめるかどうかは知識ではなく感性によるところが大きいので、面白そうだなと思ったら是非プレイしてみて欲しい。

実際のゲームプレイで気になったのは、ヘルスパイプ(即時HP全回復+α)の置かれている場所が異様に増えたことだろうか。特に気合を入れてアイテム探しをしたわけではないが、少し怪しい場所をチェックしたり、本編で印象に残っている場所を見て回るうちにパイプがドンドン溜まっていった。パイプが一つ一つ増えていく様子は500円玉貯金のようでかなり気分が盛り上がるのだが、最終的にラスボス戦で30個ほどのパイプを持っているという半無敵状態になってしまい、死ぬ気配がまったく無く、ゲームの最終局面としては最悪な展開に。しかしまぁ、こんなゆるく自由な展開もPostalらしくていいんじゃないかなと前向きには考えているが。

ParadiseLost 2015-07-11 20-56-24-24_R
◆見慣れない葉っぱの収穫を手伝うようなごく普通の日常生活シミュレータ

ParadiseLost 2015-07-11 20-14-50-13_Ra
◆貴様のディルドと俺のハンマーのどちらが強いか・・・試してみるか?

>> 以下お下品だったり黒いユーモアだったりするスクリーンショット集

続きを読む