Tomb Raider: Anniversary – 私はたぶん300人目だと思うから

先日「見るからに力づくで物事を解決しそうなキャラクター」が主人公のDarksidersというアクションゲームを触ってみたのだが、さぞかし派手に暴れられると思いきや、実は戦闘以上に進むべき道を探すパズルに重点が置かれていたので、戦闘の爽快感が打ち消されて、どうにも好きになれなかった。そこで、似たようなパズル要素を持ち、途中まで進めていたTomb Raider: Anniversaryを思い出し、最後までやってみたというわけだ。

本作をクリアする上で、かなりの数のWalkthroughを見てしまったので偉そうなことは言えないが、単純に遊んでよかったと思える出来だった。遺跡冒険の名作である初代のリメイクということで、各所の静かな雰囲気がとても心地よく、軽快にキビキビと動くララ・クロフトは最も成功したゲームヒロインの名に相応しい格好良さであった。気持ち程度にもう少しララを動かしてみたいのだが、やはりTomb Raiderというゲームを心から楽しむには自力クリアが不可欠なので、難易度が低いと噂のTomb Raider: Legendを検討中。

tra 2014-11-01 22-36-27-00_R

たくさんララを殺してごめんなさい

ララ・クロフトの屍と遊ぶ予定のゲーム達

現在Tomb Raider: Anniversaryをプレイしていて、終盤のグレートピラミッドに辿り着いたところなのだが、ヌルいアクションアドヴェンチャーから一転、突如として別ゲーのような難しいアクション操作を要求され、かなり参っている。まさかSuper Meat Boyクラスのシビアな操作とリトライ地獄を味わうとは夢にも思わなかった。

  • Freedoom: Phase 2 + Real Guns Hardcore [Medium]
  • BrutalPSXDoom[Master Levels / Full Ultra Violence]
  • Quake[Hard]
  • Quake2[Hard]
  • Quake4[Hard]
  • Marathon 2
  • Hexen: Deathkings of the Dark Citadel
  • Crysis[Realistic]
  • Crysis 3
  • Rune Classic
  • Costume Quest: Grubbins on Ice
  • Defender’s Quest

脳筋FPSばっかりでDOOMすいません

Freedoom: Phase 1 – シングル目的なら待つべき(23)

Freedoomは無料でありながら製品版DOOMと互換性があるIWADで、お金をかけずにPWADを遊ぶことができるゲーム(プロジェクト)だ。ただ、わざとなのだろうが、使われているテクスチャやBGMが一定の質を満たしていない上に、モンスターがラミアのようなImpやクラゲのようなCacodeamonなどのうさんくさいグラフィックに差し替わっているので、DOOMのパチモンという感覚が強い。個人的には、このFreedoomを使用してPWADを遊んでも気分が出ないので、DOOMを持っていないけどPWAD(Brutal DoomやReal Guns HardCoreなど)をやってみたいという人でも素直にSteamでオリジナルDOOMを購入することをオススメする。(IWADとかPWADってなんだ?という人はDoom wikiへ)

今回はFreedoomのPhase 1(The Ultimate Doom)Ver0.8を難易度Extreme Carnage(Ultra-Violence相当)でクリア。現在のVer0.8でもPWADに利用するならば問題ないのだが、いざシングルで遊ぶとなると、まだまだ作りかけと言った感じで、Episode2と3の多くがプレイ不可能だ。それ以外のEpisode1と4はそれなりに遊べる状態になっているものの、やはり未完成という印象が強く、ところどころMAPが欠落していて気持ち悪いので、全32MAPが遊べるようになるであろうVer1.0まで待つのが得策だろう。

さてこのFreedoomのシングルだが、実はかなり安っぽい。柔らかいモンスターばかりがグループで頻繁に出現するので、ショットガンとチェーンガンで片っ端から蹴散らしていくというB級C級のシューターとなっており、ドラム缶も不自然なくらいに多く設置されているので、何も考えずドッカンドッカン爆発させてモンスターを吹き飛ばす展開が続くばかりだ。ただ、真っ当な期待などせずに、安っぽいゲームだとを割り切って遊ぶのならば、わりと楽しめる出来ではある。

gzdoom 2014-11-05 15-08-08-42_R
◆とても格好悪いモンスター達

gzdoom 2014-11-13 20-26-30-76_R
◆難易度を上げているとはいえ、モンスター数580は流石にやり過ぎ

Guns n Zombies – 10時間で20000匹倒せる

header2

ハロウィンセール中のSteamストアを見ていたらカボチャ頭の巨人が目に突き刺さってきたので、気になって購入してみた。10時間ほどプレイして、ウォリアーとメカニックの両方で難易度Nomalをクリア。大雑把に説明すると本作は、トップダウンシューティングとタワーディフェンスと買い物によるキャラクター強化の三つの要素から成り立っている。

シューティング部分は画面内に大量に押し寄せてくるゾンビをマウスボタンを押しっぱなしで迎え撃つようなトリガーハッピー系。最初は爽快で、中盤からは飽きがきて、後半には気の抜けないものとなってくるので、そこそこうまく作られていると思う。タワーディフェンス要素は、強力なタレットを適当に置くだけで良く、頭を使う必要がない。むしろ大事なのはタレット設置よりも、設置するための資源を回収する方で、ゾンビの大群からゾンビの落とす資源を拾い集めるには、まとめて倒したり、ゾンビをうまくすり抜ける移動が必要となる。

買い物要素は重要かつ問題だ。とにかく売られているアイテムの価格が高く、手に入るお金(クリスタル)の量が少ないため、無駄な買い物をしてしまうと一気にゲームを進めるのが辛くなってくる。一応、クリアしたステージをやり直すことで、お金を稼ぎだすことも可能だが、その報酬があまりにも低い。しかもミッションを途中で失敗すると、その間に稼いだ報酬は無くなってしまうので、下手をすると安全なステージを安い報酬で繰り返すという苦行にハマってしまう。また、遊ぶ度にアイテムの配置がランダムになるということで、リプレイ性を上げているという話だが、こちらの戦力がカツカツな時は難易度上昇という方向に働き、お金稼ぎの邪魔になる。かと言って、戦力が揃う頃にはプレイヤーもランダム配置の浅さに慣れてしまい、「有ってもなくても無くてもよい」といった程度になるので、うまく働いているようには思えない。


単調なゲームなのに、何かとプレイヤーにリプレイを求めてくる本作はかなり人を選ぶ。リプレイの際には、難易度を上げたり、大金を得られるようにサブ目的を達成させたり、Achievement解除による報酬を狙うことで、ある程度は遊べるように工夫できるが、基本的に作りが雑なゲームなので、結局は何をしても作業感を感じてしまうだろう。また、後半には素早すぎて攻撃を当てるのが困難な敵や、ほぼ避けられない誘導弾を連発されることから、アクションよりもキャラ育成に比重が傾いているの分かる。よって、レベリングが苦にならず、自キャラクターを強くするのが好きというゲーマーならば、強力なアイテムを揃え、より効率良くゾンビを倒せるようになるので、そこそこ楽しめるのではないかと思う。

現在Co-opモードがテスト状態かつ上手く機能していないようなので、これが正常に動作するようになれば、フレンドとゲームの微妙さを笑いながらゾンビを撃ちまくって盛り上がれるかもしれない。

GNZ 2014-11-06 17-25-15-65_R
◆自キャラとDroneとタレットでの集中砲火がこのゲームの基本形だ

GNZ 2014-11-08 23-30-58-63_R
Trailerに映っているような強力な武器はゲームクリア付近で手に入るものばかりなので、実際は戦闘はもっと地味である

Costume Quest – キャンディーよこしな

Halloweenの夜にさらわれた弟(又は姉)を取り戻す、一夜限りの冒険RPG「Costume Quest」をクリア。Halloweenという祭りは日本人の私にはほとんど馴染みのないものだが、大々的に行っている国ではこんな感じなんだろうなぁというのが体験できる点で大きな価値のあるゲームかと思う。一見子供向きの絵柄だが、戦闘システムがコマンド選択式かつ80年台レベルのシンプルさなので、刺激に慣れた今日日のお子様ではすぐに飽きてしまいそうだ。逆に、オールドゲーマーが童心に戻るという意味では好都合とも言える。

ハロウィンの雰囲気を知るついでに、久しぶりのコマンド式RPGを遊べたので、非常に満足した。登場キャラクターもキュートで、良い意味でボリュームも短く、日本語化Modもあるので、幼い頃初めて夜祭に行ったワクワク気持ちを思い出しながら、さっくりと冒険するのにとても良いと思う。

Cq 2014-10-27 22-48-16-39_R
◆民家をノックして「トリック・オア・トリート」すると、人間かモンスターのどちらかが出迎えてくれる。前者からは当然キャンディーを貰え、後者とは戦闘になる

Cq 2014-10-29 00-27-44-48_R
◆戦闘は難しくないものの、タイミングよく特定のボタンを押さないと攻守共に安定しないので、気の抜けないものとなっている

PCゲームを食べ散らかす日記