Far Cry New Dawn – 適応できず(10)

Far Cry 3: Blood Dragon、Far Cry Primalと本編の資源を利用したゲームは一風変わって面白いと感じていたので、その流れでNew Dawnに触れてみた。難易度タフ(2/3)を選択したが、私のような全力をクリアを目指すタイプのプレイヤーとは相性が悪いように感じた。プレイヤースキルによる飛び級を許さず、決められた順番通りに進行を示唆するシステムはRPG的であり、ゆったりと素材を集めて自キャラの強化を楽しめるプレイヤーに向いているゲームのようだ。武器の強化により文明が進化するような感覚を持てたPrimalとは異なり、本作では動物すら満足に倒せないモデルガンから実銃に持ち換えただけといった感じで、強化をほとんど楽しめなかった。


◆新登場のブレードランチャーは高威力の跳弾という珍しい性能。適当なエイムでもインチキ臭い跳弾効果で凄まじい攻撃範囲をカバーできる高性能な武器となっている。威力も異様なほど高く雑に敵が溶けていくのが気持ちいい。こういう他のゲームにない性質の武器は積極的にクラフトしていきたいところ


◆本編というか前作というかFAR CRY5でくだらない下ネタでプレイヤーを楽しませてくれた仲間のハークと共闘ができるのが本作最大の長所。ステルス推奨のエタノール強奪ミッションを知能を下げながらロケットランチャーで暴れまわるのがホットな遊び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。