TRON 2.0 – 電子世界を観光

GOG版を難易度Easyにてクリア。世界初3DCGを(多めに)使った映画『TRON』の続編として位置づけられている今作。楽しむためのハードルがかなり高いゲームのように感じたものの、独特で最も優れているビジュアルだけを見るのであれば、それほど身構える必要もないかもしれない。雰囲気が気に入ったなら触ってみると良いだろう。

  • 映画の視聴…TSUTAYAAmazon、ディズニープラスを利用するのが良い。旅行も行先の知識があった方が楽しめるというものだ
  • 難易度…序盤の戦闘が特に難しく、ゲーマーでない映画ファンは相当な覚悟がいるかもしれない
  • 成長システム…Easyならば困ったら調整する程度で問題なし
  • 英語…クリアには支障ないが、かなりの分量が在りリスニング能力も必要
  • コンピューター用語…知っていれば知っているだけ、目の前に映っているキャラクターやMAPの題材が分かり、電子世界を身近に感じられる


◆Dungeon Siegeに引き続き、解像度1440×1080+Alchemy(EAX)でのプレイ。強引にFullHD(16:9)にした場合HUDが歪んでしまうため、今回も4:3解像度で遊んでみた。ゲームプレイには満足しているが、サイトにスクリーンショットとして張り付けた際ワイドな物と比べて、ややこじんまりとしてしまうのがやや不満


トロンといえばライトサイクル。ファンに向けたミニゲームで、このゲームの価値の三割を占める。バイクで走った跡が障害物(壁)となるのは映画と同じで、敵の進行方向を潰すように狭めていくと、いい感じに撃破できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。