No One Lives Forever 2 – 比較対象は前作

本作No One Lives Forever 2はよく出来ている。前作に比べAIが賢くなり(詳細はPCゲーム道場)ステルスもアクションが面白くなった。当然グラフィックも良くなり主人公ケイトが美人に、EAX3採用により没入感も上がった。さらには成長システムも導入され、ゲームとしての完成度は間違いなく上がった。2003年当時トップクラスと言えよう。

しかし、前作のファンが求めていたのは良質なステルスシューターではない。映画のさながらのスーパーエージェントを仮想体験できる一人称型アクションアドベンチャーなのである。どこかで見たような、憧れのシチュエーションが数多く用意され、単純にプレイするだけでも心地よい気分に浸れる。そんなゲームだ。今回Monolithが精いっぱいに整えたNOLF2を触ってみて、NOLF1は奇跡のバランスだったように思う。下手に、いや上手にでもいじってはいけなかったのだ。


◆戦闘とステルスの兼ね合いは相変わらず丁度良い。普段はステルスを重視しつつも、飽きたらプランBとしてゴリ押していけるのでストレスは無い


◆違うんだよなぁ。この右クリック一発でガジェット類が使えてしまうのは確かに洗練であり改良であり便利なのだが、求めてたものは七面倒でも、秘密のスパイ道具を使ってのごっこ遊びなのだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。