Metro Exodus – RTX観賞用(4)

最終ステージで敵のラッシュを凌いだ後のハンドルが正常動作せず進行不能に陥った(バグ?)。再起動しチャプターをやり直しても改善されないため未クリア。今回は過去作よりも自由に探索可能なセミ・オープンワールドのシステムが採用されているが、原作ありかつ超人として描かれていない主人公アルチョムとの相性はやや微妙。積極的にサブクエストをこなしても戦力の向上幅が小さく、他のアクションゲームやRPGほどの成果を期待できない。また、戦力を微増強してもメインクエストがステルス戦術を推奨しているため、派手に暴れると後味の悪い結果となる。結局、登場人物のお使いをこなすことにより、物語の厚み(温かみ)が増す程度の意味合いしか持たないのだ。

RTX2060でもFHDなら少し設定を落とすだけでRTX(High)の60FPSが安定しており、思ったよりも快適にRTXでの旅が楽しめた(思ったよりというのは超負荷のQuake2 RTXを動かした経験からだ)。リアルタイムレイトレーシングは太陽や月の光で特に分かりやすく、ビデオゲームの表現力がまた一歩向上したなと技術の進歩を感じられる。ゲーム面ではあまり評価できなかったセミ・オープンワールドもRTX技術を見るための”コース”と考えれば、なかなか趣があってよろしい。今回使用した2060では同時にPhysXを入れると、負荷がかかる場面で不安定になってしまったが、純粋なパワーとRTコア性能が大きく向上した3000シリーズならば、過不足なく動かせるだろうし、その状態でプレイする本作は一段とその価値を高めるだろう。


◆差し込んでくる日光部分がレイトレーシング。動画を見た方が分かりやすいか


◆大部分が野外での行動となるが、やはり息苦しさを感じる地下鉄(メトロ)の方が居心地がいい

Metro Exodus – RTX観賞用(4)」への4件のフィードバック

  1. 無印では私も進行不可能になるバグがカスピ海の車で発生したので、RTX機能の強化+多数のバグ修正を含んだEnhanced Editionにアップグレードしてクリアしましたね。
    最後のグッドエンドはうるっと来ました

    標準の「1080p×最高設定×DLSS クオリティ」の組み合わせでは画質がボケボケなので「DLDSR 1600p×標準画質×DLSS パフォーマンス」を組み合わせたら非常に高画質・高フレームレートで遊べました。
    このゲームとDSRは相性が悪く、デフォルトでは正しい画面サイズにならないので、一旦Alt + Tabを押して解決したりするのが厄介

    ExodusはRPGゲームとしては物語の温かいですし、ストーリーが優しく撃ち合いが楽しい、サバイバルクラフト要素がまあまあ楽しいゲームなんですけど、Metroの続編としてはかなり微妙だと思います。別タイトルでやればよかったんだと思いますが、まあビジネスの影響でしょう。

    正直前作の「核の影響でもう地上に人が住めるところは無くなった」という設定が撤回されたのは前作の物悲しくも美しい雰囲気が台無しになったのはうーん・・・
    ただ同日にクリアした 過去作台無し×単体のゲームとしてもストーリーダメ×ゲーム性ダメ×音楽すらもダメ なXenoblade 3よりはずっとマシなんですけど・・・

    • Enhanced Edition は未チェックでした。新しいビデオカードに替えたら景色を見て回りたいですね。DSRは面白い機能ですがゲームによっては調整が難しいため、満足感を高めるには熱意が必要で。
      Exodusはかなり方向性が切り替わったゲームなので、評価というか見方は何通りかありそうですが、続編としては微妙なのは同意です。地上を長時間ウロウロできるならもう何のゲームかよく分かりませんし。ゲーム部分だけの話になりますが、時間が経つにつれ2033の完成度はとても高かったのだなと、思い直してきたりしています。

      • ビデオカードといえば、Radeon RX 7000シリーズ(RDNA 3)には期待していますね。
        AMDのドライバーもここ最近では結構こなれてきていますし。
        RTX 4000シリーズはあんまりにも値段が高くてまず買えないというのが実情です。しかも燃えますし。GTX 400シリーズも燃えましたね。
        RTX 2070 Superからのアップグレードとして、RX 7800 XT, 7700 XTが買えれば・・・良いなぁ・・・(お金がない)

        あと、USB-Cポートが全面に付いている(DisplayPort Alternative mode?)というのもVRをする人としては朗報ですね。VR機器の接続(特にOculus Quest, Pico などのスタンドアロン系列)が便利になりそうです。
        USB-C to Aのケーブルでは充電がヘッドセットの消費電力に間に合わないので。

        Metro Exodusで導入されているPhysXもHairworksもNvidiaの専売特許なので、これがAMD環境で使えないのがなぁ・・・。一応PhysXは設定ゴニョゴニョして別のNvidiaカードつければ行けるみたいですが。

        • Radeonはライバルとしては期待していますが、自分で使うとなるとやはりGeforceでしょうか。最近は余計なトラブル解決に時間を使うのも面倒になってきていますし。今回はいつも以上に値段の差が肝になっているので、悩む人多そうですね。個人的にはFounders Editionモデルを狙っていますが、VRを視野に入れるかどうかで型番は考え中といった感じです。
          FX5800、GTX480、RTX4090など性能を重視しすぎてドライヤーの代わりになったり燃えるカードは、気合の入り過ぎといった意味では結構好きだったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。