Wolfenstein: The Old Blood – 銃とパイプで解決(8)

難易度Normalで軽く一周。余計な要素が多かった本編The New Orderに比べ、かなりスッキリとした印象で、ステルスとドンパチ戦闘が交互にやってくるようなシンプルなFPS。そのステルスも面倒になったら無視してゴリ押し戦闘できるので、プレイヤーの好きなスタイルで進めばヨシ。プレイ感覚がReturn to Castle Wolfenstein(2001)に近くて好みだ。このような本編の資源を使った安価なゲームは、無駄がそぎ落とされ、核の部分だけを味わいやすくて良い。比較としては適切かは分からないが、窮屈だったFar Cry 3の良いところを抽出しガワを被せたFar Cry 3: Blood Dragonとの関係が頭に浮かぶ。


◆射撃感は良好。とにかく撃ちまくって気持ちよくなろう


◆武器として使うのはもちろん、ドアを破壊したり、壁を登ったり、収納された梯子を下ろしたり、と全編においてパイプが大活躍。というか、パイプでどうにかなる苦難しか訪れないというか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。