RAGE 2 – 加点評価

オープンワールドに良質な戦闘を求めているのなら本作は良い選択だ。逆に戦闘を重視しないのであれば見送った方が良い。ここだけが注目点なのである。その戦闘だがid監修とのことで、かなりうまくいっている。緊張感を感じさせた前作のRageよりもスポーティなDoom(2016)に近いチューニングになっているのは気になるところだが、狭いダンジョン間をつなぐ疑似オープンワールドではなく本当のオープンワールドにはこちらの方が適しているだろうから妥当なところか。

スキルツリーも足し算形式で良かったと思う。わざと貧弱に調整された(=マイナスからのスタート)わけではなく、それなりの戦闘能力を持った主人公がだんだんと武器や特殊能力を増やしていき、どんどん強くなっていく作りは、何がゲームを楽しくさせるのかをしっかりと分かっているデザイナーの仕事だ。これほどまともなシューターであれば、やれクライアントが不安定だとか、ストーリーやサブミッションが薄味だとか、ファストトラベルが不便だとか、前作と繋がりがほとんど無いだとか、細かい問題点は些細なものだ。なにせ『戦闘』という骨格がしっかりと作られているのだから(idっ子の妄言)。


◆特殊能力を上手に使いながら敵の顔面にショットガンを当て続けた10時間は最高にHOTだった


◆オープンワールドの醍醐味は道なき道を突っ走る大胆なショートカット


◆敵が10人以上いても少し体力と防御力を増やすだけでノープランで突撃可能。弾薬もそこら中に落ちており管理がいらない。主人公側が完全にオーバーパワーとなっているが、それでもなお面白い


◆強制参加のレースパートは前作より難易度が下がっている。妥当な線か。やはりシューターとレースの相性はよくなかったのだろう


◆Avalanche Studiosの作品はJust Cause 2のみ触れたことがあるが、ミッションクリア時の演出が派手だったのが印象的だ。本作でもメインミッションにはこういう視覚的ご褒美が多く、なかなか達成感を感じられる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。