Forgive Me Father – 挑戦者向け

コメントで教えてもらったクトゥルフ神話がモチーフのオールドスクールFPSを難易度Normal(3/5)でクリア。Normalといっても難易度設定の初期値がEasy(2/5)であり、被弾を抑えながら正確なAimが求められるため、気の抜けない難易度となっている。実質Hardと言えるかもしれない。マップの構造も狭かったり暗かったり罠が張り巡らされていたりとプレイヤーに結構な負荷がかかってくるため、挑戦が好きなプレイヤーには好まれそうだが、そうでないなら大人しく難易度を下げることも検討しておきたい。

後半からはさらにプレイヤーへの要求レベルが上がり、複数の敵の弾を避けながら吸い付くようなAimが必要となってくる。ワープして背後から襲ってくる敵や、こちらから見えないように隠れたり、遮蔽物を盾に一定の距離を保つなど、いやらしい動きをする敵が多く出現するため、こちらから積極的に当てにいかなければならない。上手にアイテムを使うか、気合で乗り越えたいところ。一周を通してレベルデザインが優れているかどうかは判断がつかなかった。面白いか面白くないかで言えば面白い側だが、非常に濃密で神経を使うゲームのため体力の消耗が激しく連続して遊びにくい。間をあけて今回選んだ神父とは違うジャーナリストで遊んでみてから評価してみようと思う。


◆即着弾+ヘッドショット判定のあるレーザー銃。強くて燃費も悪くないためお世話になった。スキルツリー(武器ツリー)システムなので、リプレイ時には違う武器を選択する予定


◆暗い場所が多く武器からランタンへの持ち替えが必要。こういう銃が撃てない時間が発生することに対して雰囲気がでていると前向きな評価できるかどうか


◆敵に限らず全体のビジュアルはだいたい不気味。おどろおどろしい雰囲気はセルシェーディング(トゥーン調?)と不思議とよく合っている


◆弾薬切れは久しぶり。ラッシュというかウェーブというか、事前に沢山の弾薬が配置されているからといっても頭を狙わず雑に撃ちまくるとこうなる


◆右下の狂気度は敵を連続で倒すかアルコールを飲むことで上昇し、上昇と共に攻撃力と防御力が上がる代わりに画面が白黒になっていき視野性が落ちる。序盤は何も考えずにゴリ押しボーナスタイムだと感じられるが、後半になると視野性の悪さから当てられないし避けられないというサンドバッグ状態に(個人の目の性能によるか?)。バランスの良い50付近をキープするのが良いのかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。