Zuma’s Revenge! – 求められるのは判断速度

買おうか買うまいか悩んでいた時に丁度よくOriginで無料配布されたので、ありがたく頂いた。本作はカジュアルなパズルというジャンルに属しているのだが、どのようなゲームか理解するには実際のプレイ動画を見てもらったほうが早い。基本的には同じ色のボールを三つくっ付けると破壊できるという単純なルールであり、他のパズルゲームのように連鎖要素もある分かりやすい、馴染み深いものだ。

本作で重要なのは連鎖を作るよりもスピードを重視して場にあるボールを消すこと。私だけかもしれないが、PopCapの作るゲームにありがちな「ゲーム開始から数時間まったく難易度が上がらない状況」に暇を持て余して、ひたすら連鎖を作るプレイを繰り返していたら、いつの間にか連鎖を作るゲームと勘違いして終盤でドツボにハマってしまった。実は本作はステージごとにボールの配置場所が変わるため、後半になっていくに連れて連鎖の発動(発火)が困難になっていくのだ。また、システム的に二連鎖でも成功すれば迫り来るボールを押し戻せ、状況を大きく好転させられるので、苦しい時こそ大連鎖で一発逆転を夢見たくなるのだが、それこそが破滅への第一歩なのである。あくまで余裕のある時に連鎖を狙うのが最善であり、無理に連鎖を狙わず、三つずつスピーディーに消していくのがクリアへの近道なのだ。

ZumasRevenge 2015-09-12 06-39-19-01_R

余談になるが、Wikipediaによると著作権や特許権等の知的財産権が保護しているのはゲーム中の表現、キャラクター、内部のプログラムといった部分であり、遊びのルールやコンセプトのアイディア部分は対象になってはいない。よって日本のアーケードゲーム『パズループ』と酷似していても、問題が無いらしい。なんだかなぁ。

Similar Posts:

Zuma’s Revenge! – 求められるのは判断速度” への2件のコメント

  1. 色弱で青と紫、黄と緑の判別が難しい私はパズループよりボールに模様が付いているZumaの方がプレイしやすいので、著作権関係で揉めてる時どっちを応援したものか迷いました。

    Revengeはゲームは面白くなってるのですがDeluxeで馴染みに馴染んだウッシ! ワッシ! プゲラプゲラママイェー!(゚д゚)が無くて物寂しい。

    https://www.youtube.com/watch?v=HltKz0mLHig

    • PopCapに限らず海外のカジュアルゲームはハンディキャップを持っている人へ細かく配慮している印象があります。だからと言って権利云々はあれですが。
      数年前DeluxeのDemoを熱中して遊んだ記憶がありますが、貼ってもらった動画のBGMにはまったく聞き覚えがありませんでした。よくよく聞いてみると非常に特徴的ですねウッシ! ワッシ! プゲラプゲラママイェー!(゚д゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。