Ubilitus – 心の保管作業(24)

先日遊んだQ4カスタムマップのCold Steelがあまりにも短すぎて遊んだ感覚が無いため、評判のよさそうなUbilitusにも手を出してみた。収録さいたマップは二つで、プレイ時間は一時間ほどだろうか、本編後半と似たプレイ感覚でのんびりと楽しめた。


◆Q4のNailgunは感触が悪く、どうも好きになれない


◆本編と同じく味方が戦闘及び進行を手助けしてくれる

Cold Steel – 短い(23)

Quake4ってどんなゲームだったっけと射撃の感触を確かめているうちにクリア。30分ほどだろうか、短かった。約25MBという容量にはボリューム面での期待もしていたのだが。


◆威力と爽快さのあるショットガン


◆独特の効果音と使い勝手の良さが記憶に残るマシンガン

Quake IV – 難易度Hardで二周目(9)

難易度Hard相当だと思われるLieutenantで二周目をクリア。MAPが狭い上に移動速度も遅かったが、それ以上に武器の作りこみが優れていて射撃感が良かったので、目の前のストログ達を倒すだけで、なかなか爽快な気分を味わえた。ただ、オブジェクト達成後に進んできた道を「用が済んだから戻って」と往復させられる回数が多くて、ストーリー演出というよりも単なる手抜きのようでウンザリしてしまった。Quake2の時はプレイヤーが単独潜入していたので、オブジェクト達成のために行ったり来たりするのが不自然ではなかったのだが。

  • Hardにおける戦闘バランスは良好だが、自爆ダメージが不自然に大きかった
  • 飛ばせない会話シーンが頻繁にあり、うざったい
  • 辺りを見回すとかなりの数の弾薬と回復剤が見つかる
  • ショットガンは発砲音の割に威力が低いように感じる
  • SentryやIron Maidenなどの過去作の敵キャラを出してくれたのは素直に嬉しい

Quake4 2015-01-08 21-29-09-80_R
◆高画質化ModのSikkmodはQuake4本来のグラフィックを覚えていて、尚且つまめな人ではないと使いこなせそうにない。HDRやBloomをいじると室内と野外で光の見え方が変わってしまうので、いちいち設定を変えないと汚く見えてしまうのだ。一応Color GradingだけをOnにすることで比較的にオールマイティーに対応できるのだが、時たま不自然に見えることも。ロケーションが豊富な分だけDOOM3よりもグラフィック強化Modが使いにくい。