NAM – DOSBoxで遊ぼう

NAMは1998年にリリースされ、TeamTNTによって作られたベトナム戦争を舞台にしたBuild EngineのFPSだ。前々から欲しいと思っていたものの、既に国内では流通しておらず、輸入する手立てしか残されていなかったのだが、先日Steamで販売が開始されたので、さっそくSource portのEDuke32に突っ込んでプレイしてみたのだ。これが大きな失敗だった。実はEDuke32はNAM本来のAutoAimをうまく再現できていないようで、プレイヤー側の銃弾がジャングルの木々などに邪魔され、中距離上の敵に攻撃当たらず、まともな銃撃戦にならないのだ。そのため一応はクイックセーブの連打でクリアまでいったのだが、何故おかしさに気が付きながらも強引にゲームを進めたかというと、過去に同TeamTNT制作のFinalDOOMという理不尽極まりないタイトルをプレイした経験があったからだ。こんなことを言うのも何だが、彼らがまともなバランスのゲームを作れるとは思っていなかったので、超絶クイックセーブゲーでもなんら不思議はないと諦めてしまっていたのである。

しかしながら、ゲームクリア後にふと見たSteamカスタマーのレビューが非常に好評になっているのを不思議に思い、Steam LibraryからDosboxでプレイしてみると、なんとまぁ、まともに敵に銃弾が当たるではないか。ということは、先ほどまでプレイしていたNAMはNAMではなかったということになる。TeamTNTにお詫び。ただまぁ、まともな銃撃戦が可能になったからと言っても、トリガー方式で空爆が落ちてきたり、起き上がるまで無敵状態の死んだふり兵士や絶妙な嫌がらせ配置の自爆ベトコンがいるため、遊びやすいゲームとは口が裂けても言えないのだが。

本作はシューターとしてつまらない部類に入るのは間違いないが、MAPの形と雰囲気には光るものがあるように思う。薄暗いジャングルや息苦しい地下トンネルを歩いているだけで、もっと前に進みたいなぁと思えるMAPの形をしているのだ。この先がどうなっているのか知りたいという心をうまく刺激するのだろうか?この感覚を表現するのに、あまりうまい言葉が見つからないが…FinalDOOMの時もそうだった。記事には書いていないが、やはりNAMと同じように前に進むだけで結構ウキウキした記憶がある。TeamTNTの作るゲームは全体的にまともではないが、見えない部分…そう、やらないとわからないところに味があるのかもしれない。

eduke32 2015-03-12 16-46-22-60_Ra

eduke32 2015-03-12 20-55-37-86_Ra

以下、微グロのスクリーンショット 続きを読む