SPYmaps Ion Fury 2 – しげるといっしょ

クリア直後から気になっていたカスタムマップのSPYmaps Ion Fury 2を軽くプレイ。豊富なロケーションを支えるリニアな構造はオリジナルIon Furyのプレイ感覚に近く、最初から最後まで楽しく遊べ、クリア後にもう少しだけ遊びたいという欲求に素直に答えてくれる出来であった。・・・という感想だけでは少し物足りない気がしたので、同制作者が過去に公開したPREY(2006)のカスタムマップにも触れてみた。こちらも同様に本編に似たものを少しだけ遊びたいというプレイヤーに向けた作りであり、なにやら設計に思想があるように思われる。


◆ドラム缶を見ると心が躍る


◆重力の作用方向が変わる仕掛けを見ると三半規管が防御態勢に入る


◆IBM社のAptivaに見えるデスクトップPC。このゲームは小道具がいちいち古臭くていい感じ


◆とりあえず爆破のスクリーンショットを張る悪癖


◆天井に向かって伸びている光の足場を重力無視で歩けるのがユニーク

Similar Posts:

3 thoughts on “SPYmaps Ion Fury 2 – しげるといっしょ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。