ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 – 確かな情報が少ない(3)

お気に入りの沙都子に焦点を当てた三話目の祟殺し編は、ホラー色が強く満足感の高いものであったが、同時に不快感も強かった。不快の源は主人公圭一の独善的な思考と不可解な行動だ。「カルシウム足りてる?」といった突っ込みでは間に合わないほどのレベルで今までの彼とは別人なのだ。それらをまとめて”祟りの表現”として狙って書いているのならば良いのだが、そうでないのならばあまり褒められない。推理の面では、圭一の主観的なテキストが多いことから、確かだと思える情報が少ない。よって前回と同じで「どこに頭を使えばよいのかわからない状態」のままだ。理想はオマケモードでもほのめかされているように鬼隠し編をやり直すのが一番なのだろうが、だんだんと物語から心が離れ始めているので、さっさと次に進もうと思う。

WS000126

WS000159

今回使用したビデオカードはATI社のRage 128 Pro(ALL-IN-WONDER)。スクリーンショットでどこまで伝わるかはわからないが、赤み帯びた色味が実にこの手のゲームに向いている。大げさかもしれないが、デフォルトの状態ではどのビデオカードよりもキャタクターに血が通っているように見えるのだ。流石ATIはこの発色を売りに市場で戦っていただけのことはある。ただ、その発色以外はかなり酷いもので、デスクトップ画面(XGA)をチラ見するだけでも滲みボケているのが分かる。動画やゲームでは気にならないだろうが、通常のPC使用には限りなく向かない。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。