Turok: Dinosaur Hunter – 先住民よりスパイ派

ざっくりと言ってしまえば本作はTomb RaiderとQuakeを足して割ったようなゲームだ。システムは各ステージに散らばった時空石なるものを集めることにより次のステージへと進める仕組みになっているので、戦闘を行いつつもアイテム探しを行うことになる。触ってみれば分かるが、Tomb Raiderとは違い、戦闘と探索のパートが分かれているのではなく、混ざっているため、戦闘に意識が向いていると、隠された時空石を見逃しやすい。よって大抵のプレイヤーは敵を全滅させた後にハブエリアに戻り、再度ステージをやり直し、ゆっくりとアイテム探しを行うことになるだろう。この流れが最初から最後まで続くため、単純なゲームだと言える。

補足すると、アイテム探し要素が強い序盤に比べ、中盤からプレイヤーの火力が大きく向上するため、アクションゲーマー的な感性からすると、溜まっていたフラストレーションがどんどんと和らいでいくのが心地よい。終盤までいくと、QuakeというよりかもはやQuake2といった段階まで進んでいしまい、スピード感溢れるクラシックなプレイ感覚の中、爆発物とショットガンとマシンガンで敵を蹴散らしていく感じがなんとも癒される。思うに、アイテム探しの面倒臭さが実は平凡な戦闘を面白く感じるようにさせるスパイスの役目を果たしているのではないだろうか。客観的に思い返してみて、本作は古代調、武器、Map、ジャンプアクションなど、どの要素も一長一短でうまくいっているのかいっていないのか、よく分からない。分からないが、それでも遊んでいくうちにだんだんと楽しくなっていくので不思議だ。

sobek_2017_12_01_22_47_31_815_R
◆弓(強化弾)。情報を仕入れずに購入したため、原始的な武器ばかりで進んでいくのかと思っていたが、実際は現代的な銃の他のSF的なものも登場するため、何でもありで賑やかだ。下手に統一するよりもずっと良い

sobek_2017_11_29_23_05_13_124_R
◆「I Am Turok!」死亡後に残機を使い復活する際、何故か気合を入れて自己紹介し始める主人公のインディアン

sobek_2017_11_30_22_25_58_343_R
◆虹の足場。idとは違いシークレットの難易度は常識の範囲内。シークレットの見返りは多く、積極的に見つけていきたい

sobek_2017_12_03_23_32_59_447_R
◆異様に爆発系の武器が多く、Mapが巨大なことも相まって、戦闘は爽快さと開放感が混じったものとなっている

sobek_2017_12_04_22_09_14_669_R
◆落下すると即死してしまうジャンプアクションを残機制のシステムでやってしまう勇気。個人的にはXen(Half-Life)やKreedz Climbingなどこの手の一人称視点型のジャンプアクションは好みなのだが、苦手プレイヤーは発狂ものだと思う。当時N64で遊んだプレイヤーの血管と毛根は大丈夫だったか

Similar Posts:

Turok: Dinosaur Hunter – 先住民よりスパイ派” への2件のコメント

  1. 時空戦士テュロック、当時N64で遊んでました。
    最初、PCがオリジナルでN64は移植版と思っていたんですが逆だったんですね。
    ジャンプアクションはN64の操作性では難しかったです。
    でも武器が派手で敵の大ボスも巨大な迫力があって楽しめました。

    • N64からPCへの移植は珍しいですよね。グラフィック面だけ考えると3dfxのGlideに対応している分だけ、他のタイトルよりも移植による高画質化の恩恵は大きいですが。
      ジャンプアクションは鼻歌混じりに楽しんでいましたが、頭の片隅では「パッドじゃ厳しいだろうなぁ」とは考えていました。
      なにかこう、いつの間にか武器が強力になっていて、それに適した丁度いい体力の敵が出てくるのが良かったですね。ボスも大きさに見合った体力と火力で歯ごたえがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。