Crimzon Clover WORLD IGNITION – 難易度NoviceでNoContinue達成

Freedom Planet目当てで購入したEvery Monday Bundle #52に付いてきたCrimzon Clover WORLD IGNITIONを遊んでみた。難易度Arcade(ゲームセンターでの標準難易度)で始めたところ、軽く絶望するほどの難しさだったので、大人しくNoviceに下げた。これにより適度な難しさとなったわけだが、無限にコンテニューが可能なシステムだったためイマイチ張り合いが無かった。そんな状態でなんとなく2.3週していると、ラスボスを倒した後に毎回「次回はノーコンテニューを目指しましょう」と強く書かれていることに気が付いたので、製作者の意向に従ってこれをクリア目標と定めた。

使用可能機体のひとつTYPE-Ⅰは攻撃力が低く移動が遅い代わりに攻撃を当てにいく必要がないほどの広範囲のロックオン機能をもっているため、自然と「敵がシューティング」するのを回避するゲームになりがち。クリアや稼ぎを目的とするのならば優秀な機体かもしれないが、こちらから破壊しにいくのが不得意なためプレイしていて面白くなかった。TYPE-Ⅲは攻撃力が高く移動が速いので爽快なのだが、あまりに移動速度が速く、私のレバー操作では制御できないため、すぐにやめてしまった(感度の設定不可能?)。TYPE-Ⅱは先の二つの丁度真ん中に位置している性能で、そこそこの攻撃力と速さとロックオン機能を持っているためTYPE-Ⅰより「プレイヤーがシューティング」してゲームを進行させることができる。消極的ではあるが、これが一番遊べる機体だった。機体を決めた後は黙々とトレーニングモードでStage3,4,5を回して自らの不得意箇所を潰し、難易度NoviceのOriginalモードをNoContinueクリアまで。トレーニングモードの設定項目や状況再現が充実しているのはとても便利なことではあるが、充実しすぎるのもこれはこれで試験や資格の勉強をしているようで、あまりゲームを遊んでいる感じがしない。

CrimzonClover_WI 2016-01-18 18-54-47-50_R
◆「小細工無しのド直球シューティング」という触れ込み

CrimzonClover_WI 2016-01-19 23-10-56-47_R
◆最高に「ハイ!」ってやつ

Jets’n’Guns Gold – 兵装をステージに合わせよ

本作は敵を倒した報酬で自機を強化していくタイプのSTGだ。だが、闇雲に自分好みの機体を作っていけば良いというわけではない。当たり前だが各ステージごとに出現する敵の種類や地形やギミックなどが違ってくるので、それらを効率よく破壊できるだけの攻撃力を維持しながらも自機は壊れないようにするといったヘルスの確保を、少ない資金でやり繰りするのがこのゲームの醍醐味であり面白さとなっている。もちろん、兵装の購入と売却の金額が同じになっているので、安心してステージ突入前の練習ゾーンで試し打ちをして自機の性能確認をして欲しい。もしもゲームが進行不能になってしまった場合は、やはり自機の兵装を見直すのが良いだろう。基本的にプレイヤーの当て避けの技術は重視されていないので、素直にShopに戻ってメイン武器のチェックからだ。

NormalがキツかったらEasyへ

勘の良い人なら気が付いたかもしれないが、ステージに合わせて兵装と整えろというのはつまり、一度プレイしてみないと付けるべき兵装がわからないということだ。極端な例を挙げれば、攻撃力が高いかわりに範囲が狭いショットを選んだ場合に、耐久力の低い敵がたくさん出てくるようなステージに当たれば、典型的なミスマッチと言えるだろう。これがもう少し複雑になると、ステージの雑魚敵はうまい具合に処理できたのに最後に出現するボスには非効率的なダメージしか与えられないといった状況にもなり、兵装を整えて出直しというハメになる。はっきり言えば、これは過去問を解かずに本番の試験をやるようなものであり、相当キツイ。そこで難易度を落として一周してみて、ステージ構成や武器の知識を蓄えた後にNormalなりHardなりのプレイをおすすめしたい。実際、最初にプレイしたNormalは先の展開がわからず微妙な兵装で挑んだせいか辛い戦いばかりになっていたが、Easy相当で一周した後に再度プレイしたNormalはまさに「標準的な難易度」といった感じで素直に楽しめた。この遠回りなプレイに問題があるとすれば、結構な時間が掛かることとEasy相当の難易度の名前が『Too fat to die』と挑戦的なところだろう。

jng_gold 2015-02-06 22-04-49-39_R
◆ステージ開始時に出現するビールジョッキ型の中ボス。大した攻撃もせずに一定時間で逃げてしまうのだが、実はコイツがリトマス紙の役割を持っている。事はとても単純で、コイツが逃げ出す前に破壊できればステージクリアに十分な攻撃力を持っているということになり、逆に逃してしまうような低い攻撃力だとクリアが非常に難しくなるというワケ。

jng_gold 2015-02-27 17-20-40-31_R
◆後半になり資金に余裕が出てくると、敵が画面に現れる前に倒せる。恐らく中盤までの厳しい資金繰りの褒美なのだろうが、シューター的な楽しさはほとんどない。頭を空っぽにして破壊の快楽に身をゆだねよう。

ヘルスと視野性

プレイしてみるとすぐに気が付くと思うが、敵機や敵攻撃のレイヤー(重ね)優先度がとても低く設定されているので、自機のショットや大きめの障害物に隠れてしまい、どうしても不意にダメージを受けてしまうのだ(見えにくいという理由以外にも様々な要因があるけれども)。 よって、プレイヤーの目が使えない分、避けようと努力するよりはさっさとヘルスを上げてしまったほうが利口である。少しヘルスを増やすだけで安定性が増す ことから、ゲームバランス的な不満はないが、あまりの視野性の悪さにヘルスの増減をどうしてもマシンカスタマ イズの要素に組み込ませたかった意図を感じる。この想像が当たっているとすると、被弾しやすくさせておきながら体力を上げることで手軽に解決させるのは自由とは逆の強制に近い。やはり被ダメージの原因は見えやすくしておき、プレイヤー側に自らの避け技術を計算させてヘルスを上げるか上げないか (その分を攻撃にまわす)の判断をさせるべきだと思う。

GundeadliGne – 機体差が激しい

使用キャラはエリクシレルで、ライフ5、オートボム有りの設定にて難易度Standard(Normal相当)をノーコンテニュークリアした。ライフはともかく、キャラクターとオートボムを変えるとEasyすらクリアできそうにないので、実力でクリアしたかどうか怪しく、ほとんど書くべき事柄がない。公式サイト「こ の 理 不 尽 で 不 真 面 目 な 弾 丸 地 獄 へ よ う こ そ !!」と紹介されている通りのゲームなので、多少の覚悟は必要だが、エリクシレルを使えばSTGに不慣れでも、Normalまではなんとかクリアできると思うので、過度に怖がる必要はない。安価なゲームなので、人生に一度ぐらいは気軽に弾幕地獄というのを体験してみるのも良いのではないだろうか。

gundeadligne 2014-10-13 17-38-12-13_R

ゲームの作りが良いか悪いかは判断できないが、楽しめたのは確かだ。

Gundemonium Recollection – アールはめがねレーザーで

コンテニューありで難易度Noviceをクリア。もう少しやりこめばノーコンテニューでクリアできそうだが、あまりやり込む気にならないので終わりとする。何故やり込む気にならないかはうまく言語化できないので、肌に合わなかったということにしておきたい。ゲームをクリアする前に、どうも火力が少ないゲームだなと不思議に思いながら練習モードを繰り返し遊んでいたのだが、よくよくConfigを見てみるとラピッドファイヤというボタン設定を見逃していたことに気が付いた。それ以降はあるべき火力となったので、Stage5からラスボスまで一気に撃破。

gundemonium 2014-07-17 20-48-43-33_R

充実したオプション項目は見事だが、願わくは難易度Noviceでもオートボム(カウンターボム)を切らせて欲しかった。

Syder Arcade – 脳汁が出ない(2)

Verが1.3の時は起動時にクラッシュしてしまったのだが、先日動かしてみたら無事に起動したので遊んでみた。デフォルト難易度のYoungGunをクリア。決してつまらないゲームではないが、自分で距離調整できるのと、敵が硬いせいもあって、爽快感がほとんどないのが致命的のように感じた。脳汁がまったくでない。

Not 強制スクロール

本作は日本の一般的なSTGのような強制スクロールではなく、任意のスピードをゲーム展開をコントロールできる。つまり、敵が大勢攻めてくれば、後ろに下がりながら撃つこともでき、危険要因を減らせるので、緊張感が少ない。高難易度になれば、ある程度改善されるが、そうなると避けた褒美が少なすぎる。前述したとおり敵が硬いので、プレイヤーだけが無駄にがんばっているような印象を受けるのだ。爽快さを求めて遊んでみたいのだが、少し残念な結果になってしまった。

SyderArcade 2014-06-08 15-52-15-30_R
◆デバイス認識やグラフィックなどは申し分なく、ゲームデザイン意外は気に入っている

SyderArcade 2014-06-08 17-45-30-14_R
◆最終ステージはテンポの悪いギミックばかりで微妙。その1つ前のステージ5では、これでもかという数の敵と真っ向勝負することになるので、こちらが最終面のほうが良かったのではないかと思う。