Dawn of Magic 2 – ポーションがぶ飲みからの脱却(2)

ポーションをがぶ飲みしながら敵を倒し続けるハックアンドスラッシュはゲームの1つの完成形だと思うが、ポーションがぶ飲み前提ってどうなの?とも感じていたので、それを覆そうというDawn of Magic 2にはかなり好感を持っている。

ポーションの所持数に上限があり、尚且つ価格が高く、 物々交換をしないと入手できないので気軽にHPが回復できない。雑魚敵を倒すのにもそれなりに神経、もしくは頭を使ってねというバランスになっている。私はどちらかと言うと多少強引にアクションをするスタイルなので、実を言うとこの仕様は少し苦しい。ただTorchlight1のように無意味と思えるようなポーションの値段とは違い、心地の良い難しさは感じる。

dawnofmagic2 2012-11-01 01-14-54-32_R

キャラの育成具合によって容姿が変わる。FireとEarthの魔法ツリーを伸ばしてみたら、4本足から人間に近くなった。背中からナンカ生えてきたけど。

  • キャラビルド(魔法ツリー)は無駄に濃い作りになっているので面白いかもしれない
  • なんだかんだ夢中になって遊べるのでアクション要素は成功している
  • 10時間遊んでワクワクするような拾い物はなかったのでトレハンには期待出来ない

ロシア産なので独特で荒削りだがアクションRPGとしては非常に良いゲームだと思う。しかし何時間を遊んでいるうちにポーションがぶ飲みのほうが娯楽としては優れているなと考えが楽な方に流れてしまった。

dawnofmagic2 2012-10-28 02-01-24-37_R

装備に要求されるレベル、ステータスが高すぎて「一体いつになったら装備出来るの?」という状態がずっと続く。装備品への期待が全く持てず、拾えるアイテムのほとんどのが売値が高いゴミか安いゴミかのどちらかといった具合だ。

Dawn of Magic 2 – ロシア産Hack and Slash(1)

見た目の怪しいゲームだが、わりと硬派なハックアンドスラッシュであり、操作性とレスポンスも良好で、かなり遊びやすい。欠点としては起動する度にキーボードのカスタマイズが吹っ飛ぶことだろうか。前作のDawn of Magic 1では保存されていたのだが。

dawnofmagic2 2012-10-19 01-24-31-52_R

Dawn of Magic 2 = 豊満な老婆と言っても過言ではないが、魔法が主軸のゲームなので、無難に魔法タイプの女性を選択。

dawnofmagic2 2012-10-23 00-14-01-48_R

スキルを上げるごとに人間から遠ざかっていのがユニーク。発想の奇抜さがロシアぽくて気に入っている。ゲーム内容はアクションゲーム要素が多く、打撃と魔法が使いやすい代わりにミスすると痛いようになっている。これはポーションがぶ飲みゲーの脱却の試みであり、チャレンジ精神が感じられるゲームとなっている。

ボス戦では少し頭をひねられないと倒せないようになっている。

A.I.M Racing – 難易度Easyでクリア(2)

途中にしておくのもなんなのでキャンペーンを最後までやってみた。難易度はEasyだったが、後半は程よく苦戦したので難易度選択は適切だったと思う。試しにクリア後にNormalで遊んでみたら、二つ目のステージからクリアできそうな雰囲気が無かった。

攻略というほどのものではないが、難しいなと思ったらマシンを変えてみるのがいいかもしれない。直線が多いコースは攻撃力が高いマシンか、スピードの出るマシンを選び、コーナーが多いコースはとにかく曲がりやすいものを。当たり前だが、コースに出現するアイテムは取れたほうが良いだろう。

AIMRace 2012-07-22 19-49-24-85_R

回転するプロペラの刃先の間を抜けるのを10連続ぐらいやらされる。そういうのはマリオカートでやれ!反重力のレースゲームで奇抜な仕掛けも悪くないが、色がドギツイのだけは何とかして欲しい。

AIMRace 2012-07-22 18-17-56-31_R

せまーい地下を多数のマシンで走る。当然ミサイルやら地雷でてんやわんやの泥試合。何でもありのひどいロシアンレース。

Vivisector: Beast Within – ハッピーエンドで終わり(3)

目の前の敵を倒していればトントン拍子に進んでいくので、後半は特に書くことがない。

vivisector 2012-06-30 20-55-46-49_R

常に敵側が即着弾の先手をうってくるので、喰らいエフェクトをずっと見る羽目になる。敵の攻撃力が低いのが救いだが、攻撃を喰らい続けるのは精神的につらく感じる。

vivisector 2012-06-30 21-38-17-66_R

ラスボスの火炎放射は動いていれば当たらないのと、こちらの武器がハンドガン固定なのも相まって、盛り上がりに欠ける戦闘になる。

The Stalin Subway: Red Veil – 次第に慣れていった(2)

前作より短く全部で5時間ほどクリア。キツイのは序盤だけで、ゲームが進むに従って難易度が下がっているように感じた。中盤まで気が付かなかったが、進行方向から敵の話し声が聞こえてきたら挟み撃ちの予兆と受け取って良い。

metro25 2012-07-03 21-14-56-31_R

後半のミッション負傷者を守るでは、敵の優先目標がプレイヤーからNPCに変更されている。なのでNPCを囮に寄ってきたところを撃てばOKだ。しかし調子に乗って囮をプレイヤーの目が届かない場所に置いてきてしまうと簡単に殺されてしまうので、しっかり見守ることも重要だ。

metro25 2012-07-03 21-59-59-70_R