Blades of Time – 時間を戻してフルボッコ(2)

前作のX-Bladesは出来ることが少なかったので、通常攻撃だけで10分戦闘することも珍しくなく、あまりの作業感に尻でも見ていないと気が狂いそうだったのを覚えている。しかしBlades of Timeでは取得した技を使いこなす前に、次の技を覚えるので退屈な時間はほとんど無い。

bladesoftime 2013-02-03 17-52-43-42_R

タイムリワインド

タイムリワインドはBlades of Timeの中核を担うシステムで、戦闘はもちろんパズルにも使う。そのためしっかりと仕様を覚えないとゲームを進めることが出来ない。使い慣れると非常に強いので、爽快かつユニークな体験ができるはずだ。動画付きで説明してくれている4gamerを見るとわかりやすいかもしれない。文章では伝わらないかもしれないが一応説明すると、“現在のAyumi”以外の時間を巻き戻す特殊能力だ。例えば戦闘をした直後に10秒タイムリワインドを使うと、戦闘している”過去のAyumi”と敵が目の前で再生される。その状態から”現在のAyumi”も動くことができるので実質2対1で戦闘できるのだ。簡単に言うと発動する度にAyumiが増える。これを5回ほど重ねがけできるので、よってたかってボコボコにできるというわけなのだ。

bladesoftime 2013-02-03 17-31-40-29_R
◆ノンストップで強化されていくAyumi。もはや操作している側もなにがなんだかわからない

bladesoftime 2013-02-03 21-20-37-74_R
◆強い敵は硬い鎧ばかりだ。こちらの火力も過剰なので、それなりに釣り合っている

Blades of Time – Ayumiが大暴れ(1)

Ayumiはダッシュ兼緊急回避が様々な行動をキャンセルして行うことが出来る。これにより通常攻撃でラッシュしている最中にでも逃げることができ、その回避行動をもキャンセルして通常攻撃を再開することも出来る。これはフィニッシュムーブにも適応される。つまり、攻撃を受けない限りずっとAyumiのターンなわけだ。

bladesoftime 2013-02-01 22-57-23-37_R

Ayumiの声優は有名な釘宮理恵さん。残念ながら彼女の出演しているアニメを見たことがないので演技についてはわからないが、感情が豊かなキャラクターをうまく表現できていると思う。また、Action Adventureということで、戦闘が終わるとすぐに会話パートに入る。アクションゲームとしてのテンポは悪くなっているのだが、休憩という意味では丁 度いい。まだクリアしていないのだが、スピード感あふれる戦闘はかなり楽しい。一周ぐらいはAyumiに魅了されても良いのではないだろうか。

bladesoftime 2013-02-01 23-57-59-20_R
◆剣だけでなく銃も使用可能。こっそりとヘッドショット判定も存在しており、うまく頭に当てることができればサクサクと敵を倒せる。実はこれが一番強い行動になっており、遠距離で適当に撃ってるだけで敵を殲滅できてしまうのであるが、味気がないと思ったら突撃して遊びをいれるのも良いだろう

bladesoftime 2013-02-02 01-36-17-79_R
◆Ayumiはナナメな独り言が絶えない厨二病なのだが、使用する魔法も大体そんな感じ。大好き

Dawn of Magic 2 – バグったのでクリアということにする(3)

もともとDawn of Magic 2というゲーム自体がバグまみれということを知っていたので、最初から進行不能になったら辞めようと考えていたところ、Mes-Sahrというボスで詰まった。HPを減らすのではなく増やすというパズルは合ってると思うが、なにをやってもクリア判定を貰えないので諦めた。そもそもボスが何回もスタックするし、他のMAPに戻ることもできなくなってしまったので嫌気が差してしまった。解決方法を探すほどのゲームではないのでここで辞める。

dawnofmagic2 2012-11-07 21-43-44-03_R

キャラクターは炎の魔法戦士をイメージして、近接攻撃も出来るようにエンチャントとシールドを取った。完全に迷走しているが、炎の魔法戦士が好きなので、カッコイイ姿に満足している。ゲームがバグる直前は、レアアイテムが大量に出たり、キャラが硬くなったり、ポーションに余裕が出てきたりと、かなり脂がのりだした状態だったので少し心残りがある。

dawnofmagic2 2012-11-07 19-52-46-38_R

パイロの放射型火炎魔法で汚物を消毒する系。発動して火を出している間は数秒間キャラクターが動けない上に、炎の出ている方向を変えることができないという仕様なので、一方通行の場所以外で使うと、横や後ろから殴られて死ぬ。

Dawn of Magic 2 – ポーションがぶ飲みからの脱却(2)

ポーションをがぶ飲みしながら敵を倒し続けるハックアンドスラッシュはゲームの1つの完成形だと思うが、ポーションがぶ飲み前提ってどうなの?とも感じていたので、それを覆そうというDawn of Magic 2にはかなり好感を持っている。

ポーションの所持数に上限があり、尚且つ価格が高く、 物々交換をしないと入手できないので気軽にHPが回復できない。雑魚敵を倒すのにもそれなりに神経、もしくは頭を使ってねというバランスになっている。私はどちらかと言うと多少強引にアクションをするスタイルなので、実を言うとこの仕様は少し苦しい。ただTorchlight1のように無意味と思えるようなポーションの値段とは違い、心地の良い難しさは感じる。

dawnofmagic2 2012-11-01 01-14-54-32_R

キャラの育成具合によって容姿が変わる。FireとEarthの魔法ツリーを伸ばしてみたら、4本足から人間に近くなった。背中からナンカ生えてきたけど。

  • キャラビルド(魔法ツリー)は無駄に濃い作りになっているので面白いかもしれない
  • なんだかんだ夢中になって遊べるのでアクション要素は成功している
  • 10時間遊んでワクワクするような拾い物はなかったのでトレハンには期待出来ない

ロシア産なので独特で荒削りだがアクションRPGとしては非常に良いゲームだと思う。しかし何時間を遊んでいるうちにポーションがぶ飲みのほうが娯楽としては優れているなと考えが楽な方に流れてしまった。

dawnofmagic2 2012-10-28 02-01-24-37_R

装備に要求されるレベル、ステータスが高すぎて「一体いつになったら装備出来るの?」という状態がずっと続く。装備品への期待が全く持てず、拾えるアイテムのほとんどのが売値が高いゴミか安いゴミかのどちらかといった具合だ。

Dawn of Magic 2 – ロシア産Hack and Slash(1)

見た目の怪しいゲームだが、わりと硬派なハックアンドスラッシュであり、操作性とレスポンスも良好で、かなり遊びやすい。欠点としては起動する度にキーボードのカスタマイズが吹っ飛ぶことだろうか。前作のDawn of Magic 1では保存されていたのだが。

dawnofmagic2 2012-10-19 01-24-31-52_R

Dawn of Magic 2 = 豊満な老婆と言っても過言ではないが、魔法が主軸のゲームなので、無難に魔法タイプの女性を選択。

dawnofmagic2 2012-10-23 00-14-01-48_R

スキルを上げるごとに人間から遠ざかっていのがユニーク。発想の奇抜さがロシアぽくて気に入っている。ゲーム内容はアクションゲーム要素が多く、打撃と魔法が使いやすい代わりにミスすると痛いようになっている。これはポーションがぶ飲みゲーの脱却の試みであり、チャレンジ精神が感じられるゲームとなっている。

ボス戦では少し頭をひねられないと倒せないようになっている。