Call of Duty: Black Ops 2 – CoDとはなんぞや(19)

純粋な戦闘はCall of Duty史上最も面白かった。だが、これはプレイヤーが一人でガンガン撃って進めるという作りから感じる面白さであり、特別にBlack Ops 2がうまく作られているというわけではない(銃の感触は相当なものだが)。それどころか、AAA級FPSからB級FPSに近づいたことすら意味し、ヒーローではない一兵士を描きたかったという初代Call of Duty(Infinity Ward)の考えからも逸脱しているので、BO2は完全に”Call of Dutyである意味”が無いように思う。これを今のメイン購入層がどう思っているかはわからないが、さほど熱心なファンではない私はシリーズ9作目であることを考慮するとやむを得ないのかなと消極的に考える。また、以後のCall of Dutyについてああしてほしい、こうしてほしいといった要望もないので、今までどおり安くなったら買うという姿勢のままだ。

…あ、いや、違った。本当は言いたいことが少しある。実は難易度Normalを選択したからだろうか、銃を乱射して倒した敵の落とした銃を拾って再度乱射しておもいっきり走り回って敵を蹴散らすようなやりたい放題のプレイができたので、実際にゲームを操作した時間よりも、その前後に挟まるストーリーを「見させられた」時間の方が長く感じたくらいだ。いくらCoDの伝統と言っても、さすがに今回は実質的なゲームプレイ時間が短すぎる。Treyarchはせっかく、戦闘をアクション方向に味付けしたり、ゾンビと戯れるモードを追加したり、ミッションにRTS要素を取り入れるなどして「Call of Dutyらしさ」というものを放り投げたのだから、いっそのこと次からはスクリプトやストーリーにもスキップ機能を付け足して、私のような単に銃を撃ちたいだけのプレイヤーへのアプローチを始めても良いのではないだろうか。どうせCall of Dutyとさえ銘打っておけば売れるのだから。

t6sp 2015-07-17 10-21-56-76_R

Call of Duty: Black Ops 2 – レベル55到達(18)

最初にマルチプレイを遊んだのは2013年のフリーウィークエンドの時だっただろうか、その時はやけの足音の小さい戦場に「消音ブーツでも開発されたのだろうか?さすが近未来が舞台だな」と勝手に納得しそこで終わっていたのだが、ちょうど先日セールで値段が落ちた時に、マルチのプレイヤー数が続編のGhostsやAdvanced Warfareよりも多いという異常な(愉快な)状態を知って興味が湧いたので遊んでみた。前述した足音の問題はオプションから音量を増加させるSuper Crunchで改善できた。

最初に困ったのは”主戦場を察知できない”ことだ。パターンとしては敵をうまく発見できずにウロウロしてうちに一方的に殺されるという感じ。どうも多くのMapは大通りを走るか待つかを的確に判断しないとスコアに結びつかないようなので、その判断に必要な経験が少ない私は迂回し距離を詰めていくのだが、いつの間にか主戦場を変わっていて進むべき道を見失ってしまい、ウロウロしている時に撃たれてしまうのだ(強いアサルトライフルにAdjustable Stockアタッチメントを付けることで好きな場所に好きなタイミングで突撃できるようになると気が付いたのは相当時間が経ってから)。とにかく、さんざん歩いた末に撃ち殺されるのだけは絶対に嫌だったので、LMGを持ってキャンプを開始。BO2は近年のゲームに珍しくLMGの性能が高く、Map構造も手伝ってか、簡単に活躍できるようになりかなり満足。唯一、ルームに上手な日本人が半数以上いるような時は、敵味方共に連携がとれていて攻撃の展開が読みやすく、アサルトライフルに切り替えたほうがうまく立ち回れて良い結果になることが多かった。Mapも武器の性能もシステムも十分に把握できておらず、まだまだ詰められる場所はたくさんあるように思うが、さすがにもうTDMには飽きてしまっている。

t6mp 2015-07-10 16-11-25-44_Ra
◆勝ってるプレイヤーだけが気持ちよくなれるシステム

t6mp 2015-07-14 21-42-42-73_Ram
◆最終成績。無目標でTDMを遊ぶのも張り合いがなかったので、途中から前作のBlack OpsよりもK/Dレートを上げようと思い立ち、デスが嵩まないようにかなり気を使った

Battlefield 4 – どこか安っぽいキャンペーン(13)

BF3のキャンペーンが意外にも楽しめたので、続くBF4のキャンペーンも難易度Normalでやってみたのだが、敵を倒すごとにScoreが加算されることに驚いた。この大きな変化がどうもFEAR3と重なって見えてしまったため、微妙な印象でのスタートとなったが、ヘッドショットにもささやかなボーナスが付くことから、シューターとしてなかなか遊べるんじゃないかなと思えた。…のだが、すぐさま爆発物でマルチキルを狙ったほうが楽に点数が稼げることに気が付き、FEAR3というよりもBulletstormに近いお馬鹿ゲームなんだなと理解した。このKillとScoreを結びつけたシステムをシングルにまで持ってきたのは、本命であるマルチ対戦との境界線を薄くする意味では成功しているかもしれないが、どうもFPSというよりもガンシューティングに近くなってしまっているので、ド派手な爆破や崩壊シーンを目にしても人事のようにしか感じず(一人称視点特有の没入感が欠如)、大変なグラフィック技術を使っている割に安っぽく見える。満足感はBF3の方が遥かに高かった。

  • 初心者にスポットを学ばせるゲームデザインはGood
  • ビルやダムの破壊シーンは特に素晴らしく、Frostbite 3ならではの凄さを感じられる
  • 階段やハシゴの昇り降りに他のゲームでは見慣れぬ新しい視点や動作が加えられていたので、DICEがMirror’s Edge 2のことを忘れていないようで一安心
  • 三つのマルチエンディングを見るため(武器のアンロックに関係)に最後のステージを3回プレイする必要があるのだが、エンディング後に再度ステージをロードしたらフリーズ。これを偶然起きたフリーズだと考え、二度目のエンディング後にも再度ステージをロードしてみたのだが、やはりフリーズしてしまった

bf4 2015-05-07 22-58-45-38_R

bf4 2015-05-11 09-57-48-78_R

Battlefield 4 – ランク75到達(12)

前回の記事では工兵に飽きて偵察兵を始めたと書いたが、その偵察兵のスコア稼ぎ性能にすぐさま物足りなさを感じてしまったので、援護兵と突撃兵にも触ってみた。全ての兵科のガジェットをアンロックした後は、FGM-172 SRAWの使い勝手の良さに気が付いたので、再度工兵をやっていくことに決めた。白兵戦が激しい時は援護兵に切り替え。突撃兵は兵科共通のカービンが高性能化したことにより相対的に攻撃力が下がったので、魅力が減ってしまった。もしDICEがコンクエストにおいての突撃兵の人口を減らしたいと考えているのならば、これは成功しているように思う。

気に入っている武器は連射速度の高いSG553、MG4、AEK-971、CS-LR4あたり。まったく参考にならないと思うが、同時期に擬似3DのFPSを遊んでいたせいかY軸の存在がおぼろげでAimがガタガタになってしまっていたので、サプレッション効果を狙って適当にフルオートで連射して誤魔化すことが多かった。Kill/DeathレートやKPMなどの対戦成績は、結局のところ別のゲームモードやOperation Lockerで遊んでいるプレイヤーにはどうあがいても勝てないのがわかったので、多少無理してでもKillを稼ごう(成績を上げよう)という気が起きなかった。スポットして削るだけでも結構おいしいスコアがもらえるしね。

bf4 2015-03-08 17-18-50-53_R
◆SRAWでヘリを破壊できた時が最高にドヤれて気持ちいい

bf4rank75
◆SPMに対してK/Dがやや物足りない。直接的な撃ち合いで負けている印象はないが、ガジェットの弾薬が切れるとすぐに自殺して補充するのが原因だろうか。既にゲームをクリアしている気持ちでいっぱいなので、プレイする機会は激減するだろうが、今以上にスコアを稼ぐとなるとやはりヘリやタンクの操縦を覚える必要がありそうだ。

Operation Flashpoint: Red River – 怖いもの見たさで

戦場シミュレーターとして評価の高いOperation Flashpointをうまい具合に遊びやすくカジュアルにした前作Operation Flashpoint: Dragon Risingをさらにカジュアルにしたと聞いて、怖いもの見たさで本作をプレイしてみた。難易度Normalで一周してみたところ、単体としては65点ほどの出来に思えたが、Operation Flashpointシリーズとして考えると”良くて30点”または”出さないほうが良かった”といった感じだろうか。なにせゲーム内容が、ウェイポイントに沿って進んでいって遠くの敵を撃ち殺すだけという単純なものになってしまい、お金をかけて作ったB級FPSといったレベルにまで落ちてしまったからだ。日本のゲームで言うならば、女神転生シリーズが「難しすぎると言われたので易しくしてみました」といってドラゴンクエストに近い新作を出したようなものだ。Codemastersは自分たちの作っている(知的財産権を持っている)ゲームの強みを分かっているとは思えない。

人間と遊ぼう

OFP:DRからOFP:RRになって良くなったところは味方NPCが崖を登り下りできるようなったことか。DRの時は小さな段差さえも下れなかった(認識できなかった?)ものだが、RRになってからはNPC(AI)の通行可能な場所を配慮する手間がなくなって楽になった。悪くなったところは、味方NPCが勝手に敵に突っ込んで死んでくれることだろうか。幸いチェックポイントにたどり着けば何事もなかったかのように生き返るので深刻というわけではないが、戦争気分が壊れてしまうので、本気で被害を減らしたかったら頻繁に待機の指示を飛ばさなければいけないのが面倒だ。また、プレイヤーの指示にとても忠実だったDRから一転、RRからは指示を無視することが度々あり、指揮を取るのが馬鹿馬鹿しくなってくる。購買層がカジュアルゲーマーだということを想定して、NPCが”棒立ち”しないようにせわしなく動くようにし、AIに賢い印象を持たせようとしているようとしているのはわかるが、指示を無視するばかりか勝手に状況を判断してプレイヤーの仕事を増やしているのは失敗と言えるだろう。一人で遊んでいるとストレスばかりが溜まるのでCo-opを強く推奨する。

RedRiver 2015-03-21 23-28-00-96_R
◆グラフィックは全体的にDRよりも綺麗になっている

RedRiver 2015-04-04 13-54-02-95_R
◆River。DRからグラフィックが向上しているのは確かだが、オプションからBloomやHDRなどのビデオ設定が変更できなくなったため、MAPによってはギラギラのテカテカのボケボケで目が痛くなる。そんな状態で200メートル先の敵を見つけろって?ついでに言えばFOVも狭すぎて索敵が苦痛。このスクリーンショットはバイナリをいじって視野角を90度相当に直してあるが、一枚目のスクリーンショットは変更前のFOVなのでよく見比べてみて欲しい。