Duke Nukem Forever 2013 – どうしてああなった(19)

Duke Nukem Forever 2013はDuke Nukem Forever(以下DNF)をDuke Nukem 3D上で再現したModだ。ただし、内容は2011年に発売されたDNFを再現したものではなく、「1998-2006にかけて映像で公開されていた開発中のDNF」を再現したものとなっている。つまりは面白そうなTrailerを見ながら10年以上もの長い間待っていたのにもかかわらず、実際に遊べるようになったものがトンデモナイ代物だったために生まれたModと言えるかもしれない。ゲームプレイの方はと言うと、Duke Nukem 3Dが土台になっていることもあり、かなり安定していて楽しめる出来。道筋はやや分かりにくいものの、二三時間ほどのボリュームでこぢんまりとまとまっていて手に取りやすいので、興味があれば触ってみるといいだろう。

_eduke32 2015-11-11 19-50-51-03_R
◆新敵としてDNF仕様の飛びかかってくる猪豚が出現する

_eduke32 2015-11-12 11-44-19-35_R
◆他には2001年のTrailerでチラッと映っていたターミネーターのような敵ロボットが登場。プレイヤー側の新しい要素はChaingun Cannonと入れ替わる形で、気持ち攻撃力の高いアサルトライフルが使えるくらいか

Psychophobia – 力の入ったごちゃ混ぜMod(34)

Psychophobiaは古典的なFPSをごちゃ混ぜにした感じのお祭り系のModだ。そのうえ武器、モンスター、HUD、Texture、Music、Soundなどが新しく追加されているため、Vanilla DOOMとはかなり違った仕上がりになっている。ゲームの見た目が大きく変わる3D描画とHigh Resolution Textureの組み合わせオプションも、たとえ快適に動かなくとも一度は見る価値があるように思う。また、実際にプレイするだけならばDOOMの経験だけで十分だが、楽しむためにはBlood: One Unit Whole BloodとQuake2も触れておいたほうが良いだろう。可能ならばHereticとHexenとQuakeあたりもプレイして欲しいところだが、このModの為に今からプレイしようなんていう物好きはいないだろうなぁ。

3面あたりから適応できたが、見た目よりも少々とっつきにくいゲームのように感じた。DOOMとQuake 2が混じったようなゲーム感覚のせいだろうか。うまく分析できない。あまり多くの人に伝わらないかもしれないが、MAP構造が似ているせいかDoom Total ConversionのHacxにも近いように思えた。ただ、武器が充実してくる頃にはプレイヤー側の火力の高さや「何時でも投げられるグレネード」の便利さにも気が付き、うまく敵を対処できるようになるので、楽しくゲームを進められるようになる。面白いか面白く無いかは大きく別れると思うが、力の入ったModであることは間違いないので、興味があるなら2面をクリアするあたりまで触ってみて欲しい。

gzdoom 2015-10-26 18-42-12-59_Ra
◆火炎瓶で地面に火を放てる。向かってくる敵に対して、足止めと継続ダメージを与えられるので、強力な相手に対しても非常に優位なゲームを展開できる

gzdoom 2015-10-24 21-53-36-21_Ra
◆少し見えにくいかも知れないが、Tank Boss(Quake2)にRailgun(Quake2)を撃ちこんでいる

以下ネタバレありのスクリーンショット集

続きを読む

Beyond Belief – やはり普通が良い(14)

97年にドイツのゲームデザイナーMatthias Worchによって開発公開されたQuake用シングルマップ集「Beyond Belief」をプレイしてみた。彼の携わったゲームはDead Space 2(Chapter2.3.6)とUnreal 2とReturn To NaPaliとRequiem(PWAD)といくつかプレイしているが、往々にして印象に残っていない。特にチームではなく彼個人が設計し、特色が色濃く出ているであろうRequiem(MAP4.9.15)ですら、私のプレイメモには何も記されておらず、やはり印象に残っていないことが窺える。ただ、”印象に残らない”という事自体は悪ではない。印象に残るという事は極端に快か不快かの要素が有るということであり、そのどちらかが欠けているだけでダメと決めつける必要はないのだ。それどころか、今思えば彼のデザインは不快な要素を極力減らした状態で、快の要素を並からやや上の範囲まで持ち上げているように思われるので、これはこれで続編のゲーム(又はカスタムMap)を作る上では申し分のない能力なのである。

さて、話を本シングルマップ集に戻すと、本編Quakeより少し複雑になっているものの、道筋やシークレットも分かりやすい部類で、ロック調のBGMも相まって、ガンガン前に進みたくなるように作られており、且つガンガン突っ込んでも問題ないような敵配置にもなっている。ボリュームも全9レベルで1Episode分と短いので、id製に近いQuakeをサクっと気軽に遊びたいプレイヤーにピッタリだ。

darkplaces 2015-07-28 16-05-32-47_Ra

darkplaces 2015-07-29 16-04-57-79_Ra

Ultimate Super Doom 3 – 両方が好きならば(29)

DOOM 3に登場する武器と敵をDOOM 2にコンバートしたMod「Ultimate Super Doom 3」をThe Ultimate DOOMに適用し、難易度Veteranでプレイしてみた。DOOMとDOOM3の両方を遊んだことのある人には、実際に触らずともどのようなゲームか想像がつくかもしれないが、武器のリロードが存在する分だけゲームのテンポが悪くなっている。これはもちろん面白いゲームよりも忠実な移植を目指したためであるが、展開が速いゲームに武器のリロードという組み合わせは本当に相性が悪いんだなとしみじみ思った。比べるのは酷かもしれないが、先日プレイしたCounter-Strike(Condition Zero)はリロードを極めてうまくゲームの面白さ(戦術性)に組み込んでいたのだが、本Modは大量の敵を捌く必要のあるDOOMに、二三体を前提に戦うDOOM3のシステムを乗せているため、息切れしやすく、DOOM1本来の面白さや爽快さを全く味わえない。

  • 敵の認識距離と歩行速度が大幅に上がり、ものすごい勢いで距離を詰めてくる
  • 難易度MarineはHurt me plentyよりも簡単で、VeteranはUltra-Violenceよりも難しい
  • DOOM.wadでプレイしてもRevenantやPain ElementalやCombat Shotgun(RoE)が出現
  • Grenadeは本来攻撃できない場所に投げられるので、結構面白おかしく使える
  • Spider MastermindはDOOM 3のコンセプトアートを元にしたグラフィックで登場
  • CyberDemonをBerserker状態で殴り倒せるのは本Mod特有であり、気味がいい

gzdoom 2015-07-24 14-17-08-83_Ra

Counter-Strike: Condition Zero – Botとでも楽しめる(2)

そもそもCounter-Strikeが嫌いなFPSプレイヤーはいるのだろうか。単純明快かつ緊張感の味わえるゲームルール、ストッピングを初めとするやり込みがいのある技術の数々、改良に改良を重ねられたMap達。それらが合わさり誰もが認める世界最高のFPSであることに異論は無いはずだ。ただ、その高い完成度や競技性に魅せられ、膨大な時間を遊んでいる熱心なプレイヤー達に、何もできずボロ雑巾のように倒され続けるのが嫌なだけなのである。つまりは、Counter-Strikeを遊びたいけれど、あまりに勝てないのは嫌なので、頭の良いBotが標準搭載されているCounter-Strike: Condition Zeroのキャンペーンをのんびりと(難易度Normalで)遊ぶことにしたわけだ。また、キャンペーンは出来が良いわりにCounter-Terrorists側のミッションしか用意されていないという半端かつ勿体無い状態なので、有志が作成したTerrorists側のミッションパックも試しにプレイしてみた。

実際にプレイしてみるとCounter-Strike未経験者を想定している気の利いたシステムに驚かされる。まず買い物中に時間が止まる。そのため、ゆっくりと時間を掛けて武器を選びマウスクリックで購入することが可能だ。当然ConfigにBindを設定するような面倒も無い。また、1.6の時は機能していなかったAutobuyも信用できるものになっており、自動でアサルトライフルと弾薬と防具を購入してくれるのがとても便利。さらに最初から多くの資金を持っているのも嬉しいところで、通常の対戦と違いピストルラウンドを行わずともアサルトライフルを持ってゲーム開始できるようにしたのは英断と言える。そして、初めて見るMAPでも前述した頭の良いBotに付いて行けば、自然と相手陣営とぶつかる場所も覚えられ、Counter-Strikeを遊んだことのないプレイヤーでも基本的な流れを理解できるので、キャンペーンをクリアするまでになれば、全くの初心者でもある程度の自信は付くだろう。世界人気No1オンラインゲームの入門ソフトとして非常によく出来た作りだ。…書くのが10年遅いって?

hl 2015-07-17 22-29-40-94_Ra
◆キャンペーンは通常のマルチ対戦とは違い、単純にラウンド勝利を重ねるだけでなく、いくつかの目標を達成する必要がある。それはボムを解除しろだとか、ショットガンで5人倒せだとか、ブルパップで7人倒せだとか、75秒以内にラウンドを勝利しろだとか比較的簡単な代物だ。ボムや人質関連はルールの理解に適しているし、普段使わない武器を指定されるのは新鮮な気持ちで戦えるのでなかなか良いと思う。なかでもMagnum Sniper Rifle(AWP)でキルを命じられるものは、あまりにも簡単すぎて、課題というよりはボーナスであり息抜きになっているのが愉快である。ドゥーン

hl 2015-07-17 22-39-08-46_Ra
◆チームメイトの編成が可能。序盤はサブマシンガンやショットガンといった銃を持った近距離特化の味方しか雇えないので、不安定で活躍に期待できないが、後半になるにつれアサルトライフルを持ったキャラクターを多く雇えるようになるので、ゲームが進行するほどに楽になる。やはりAKやM4は単純に強く、遠距離から近距離まで対応できるため、自分が死んだ後でも彼らのフォローに期待できる。(Botは大多数のMapで安定動作してくれる反面、FastlineなどのOfficial Mapでも狭く入り組んだ場所では完全に混乱してしまい、初めて迷路に挑戦するネズミのようで見るに耐えない)