DDay Normandy – よくあるWW2対戦

id Tech 2 にて作られたWW2のマルチプレイ専用FPS。まんまQuake2を綺麗にしたような外見で、別途にEGLという互換性のあるクライアントでも遊べる。http://www.desura.com/games/dday-normandy

egl 2012-09-13 13-36-15-39_R

「マルチプレイ専用なのに既に人がいない」とよくある運命を爆進中。辛うじてシングルでBOTと遊べるが、敵の精度が尋常では無いのでまったく楽しくない。

NecroVisioN – こんなアクションFPSを待っていた(1)

欧州で欧州に向けて作ったんだなといった雰囲気のゲーム。発売当初にDemoをプレイして、よくわからないゲームだったので見送っていたのだが、製品版はケルナグールするだけの微妙なFPSではなかった。

NecroVisioN 2012-09-14 00-48-43-83_R

FPSでは珍しくコンボを伸ばすゲームとなっている。しかし特別難しいわけではない。キック、射撃(orヘッドショット)、武器の殴り、爆発物を好きなように組み合わせてゾンビを倒せばよいだけだ。各種行動を被らないように使うのがコツ。

NecroVisioN 2012-09-06 20-01-01-04_R

射撃面もアキンボ搭載などツボを押さえてくれて、好き放題撃ちまくれる。うまく作られているのが体力が6割までは自動回復する点、これのおかげで安心して無理ができる。

チャプター5までクリア。火力不足を感じてきたところにシャドウハントという特殊な武器が手に入ったので期待している。

Battlestrike: Force of Resistance – 良質なB級FPS(4)

Chrome Engine2を使ったWW2のアクションFPSで、片田舎が舞台ののんびりしたMAPが続く。どの銃も精度が良くまっすぐに弾が飛ぶのだが、実は威力と精度のバランスが悪く、全距離でサブマシンガンが安定の装備となってしまっている。ライフルは完全に趣味の武器だ。簡単な感想としては、雰囲気もよく、ナビゲーションが親切なため、のんびりと射撃に没頭できる良いゲームだと思う。また、スプリントの後は急に止まれない時や微妙に操作ラグがある場合はNvidiaのコントロールパネルから垂直同期を入れると直るかもしれない。

Battlestrike 2012-09-13 18-32-03-41_R

Battlestrike 2012-09-14 22-41-39-54_R

Battlestrike: Shadow of Stalingrad – 味方NPCに難あり(3)

Battlestrike: Force of Resistance 2と中身が同じのJupiter Exを使ったWW2のアクションFPS。基本的にはいつものCity Interactiveクオリティなゲームだが、2時間かからずにクリア出来てしまう短さを考えると、さすがに短すぎると言わざるをえない。また、すぐに気が付いたのだが、同社のSAS: Secure Tomorrowの外見だけを変えたのゲームのようだ。使い回し自体は気にならないが、プレイヤーを置いてきぼりにして、ガンガン前に進む不死身のNPCは削って欲しかった。敵を倒すことだけが楽しみのバリューFPSで、味方NPCに敵を持っていかれてしまうという斬新すぎるビデオゲーム第二弾。

game 2012-09-06 01-28-54-86_R
◆メインは弾薬が豊富なモシン・ナガン。アイアンサイトを使うのが最も基本的なスタイルだが、リーンや腰だめでも戦えるの好みで使い分けても良いだろう

Battlestrike: The Road to Berlin – ほどよく改良された(2)

前作のBattlestrike – The Siegeとほとんど変わらないアーケードシューター。前作はいろんな要素を詰め込みすぎて不評だったのか、FPSのミッションが削られてフライト部分が強化されている。日本語のサイトではFPSとして紹介されているようだが、ゲームの大部分が乗り物を操作するミッションなので注意。

bs 2012-08-27 02-00-37-33_R

全部で10のミッションを3時間ほどでクリア。同じ会社の似たようなゲーム4つ目ということで違いを書くべきなのだが、文字で表現できるほど違うわけではないので困る。やはり暇つぶしの粋を出ないゲームだが、悪くない。