Unreal II: The Awakening – 豪華な惑星旅行(3)

結構な数のFPSをプレイしているが、Unreal 2ほどMAPを作りこんでいるゲームを見たことがない。初代Unrealをプレイした経験がある、ないにしても少し触ってみればUnrealシリーズの凄さが分かるのではないだろうか。野外、宇宙、パーティクルによる炎の表現などが特に素晴らしく、発売から十年以上経った今でも遊ぶ価値があると言える。

難易度Mediumにて十時間ほどでゲームをクリア。中盤までは全てが楽しかったが、敵のランチャーをぶっ放してくるようになってからはクイックセーブが必要な覚えゲーになった。期待していたピュアなシューターは疎か、タクティカルシューターとしても怪しいゲームバランスだと思うが、その反面、周りを見回してみると秀麗なグラフィックが広がっていて、それが清涼剤となっていた。遊ぶ価値は間違いなくあるが、Unrealが好きな人にほどオススメしにくい。

Unreal2 2013-09-22 17-12-10-81_R

Unrealをタクティカルなシューターにした意味は?

Unreal 2は力押しで進むことができない。プレイヤーの移動速度が極端に遅く、ダメージを受けやすいので、敵の種類に合わせて武器を的確に使い分け、速攻で倒す必要あるのだ。弾が豊富でどの距離でも戦えるアサルトライフルをメイン武器として使うのが安定だ。当たり前だが、こればかりを使っていると弾薬が底をついてしまうので、ショットガンやグレネードランチャー、スナイパーライフルなどの得意距離が決まっている武器も積極的に使い、「いつでもどの距離でも戦える」ように弾薬管理するのが良いだろう。

この部分だけ見れば立派なタクティカルシューターということになるが、何故わざわざ頭を使い、武器を使い分けなければいけないのか問いたい。SFではなく、現実という設定ならば一発の弾丸で致命傷になるので慎重にならざるを得ないのも納得できる。仮にフィクションだとしても自キャラが非力な分を頭を使い切り抜けるということで辻つまが合うのだが、Unreal 2の場合パワーで勝っているのに「理由もなく移動速度が遅くされているから」頭を使わなければいけなくなっている。美しいグラフィックと冗長な会話、謎のアドベンチャー要素から憶測するに、Legend Entertainmentという開発はユーザーに”じっくり”とゲームを遊んで欲しかったから移動速度を落としたように思えるのだが、他のタイトルならいざ知らずUnrealの続編としてこれは理解できない。

Unreal 2 の良い点

  • Skaarj / 登場シーンや通常戦闘などで存在感がある
  • 火炎放射器 / この武器で永遠に戦いたい
  • 宇宙空間 / 見れば素直に「あ、すごい」と感心できる
  • Drakk Homeworld / 作り込みがすごい惑星で見るだけの価値がある
  • Singularity Cannon / 緑のブラックホールを発出して瞬殺できる。強すぎて気に入った。

Unreal2 2013-09-22 17-57-01-42_R
◆火炎放射器の感触と炎の表現がよく出来ている。虫型エイリアンを燃やすのが最高に気持ち良い

Unreal2 2013-09-24 10-00-47-39_R
◆Drakk Homeworldという惑星は半端じゃない格好良さ。この他の惑星も他のゲームより遥かに作りこまれているので、シューターではなく観光旅行として見ればこれ以上の作品は無いように思える

Return to Castle Wolfenstein – もう少しステルス色が濃くても(1)

難易度Normal相当の「Bring’em on!」をクリア。Day of Defeat: Sourceの経験からMP40をしゃがみながら撃つことに慣れていたので、他のプレイヤーよりも早くクリア出来たのではないだろうか。ゲームの中では5.5時間と記録されている。後半は敵の攻撃が激しく、結構なクイックロードの回数となった。クイックロードを前提としたヤケクソ気味なバランスのFPSは嫌いではないが、前半のステルスを組み込んだ丁寧な作りとは真逆なものを感じる。変化があるという意味ではプラスでもあるが。

Wolfenstein 3Dとの共通点は”世界観”と”クリアリングを失敗すると即死してしまう”というぐらいか。ひょっとするとシークレット関連で何かあるかもしれないが、遊んでいてニヤリとするような場面は無かった。強引にクリアしてしまったのでRtCWを隅々まで楽しめたとは言えないが、毎回違うロケーションで新武器が手に入るタイミングも良く、1ミッションも短いので気軽に遊べる優れたアクションFPSのように思う。2013年現在だと過去の名作というよりは、よく出来たB級FPSという感じになっているが、射撃感も良いしオカルト展開に抵抗がなければWW2のFPSとしても悪くない選択だ。

WolfSP 2013-08-27 22-27-25-23_R
◆こっそりと近寄ってナイフでさっくり

はじめはただのWW2FPSだったんです。ナチスの科学力はなんちゃららということで、中盤以降ゾンビやらモンスターやらサイボークやら超能力兵やらが出てくる。奴等は攻撃力はもちろん耐久力も非常に高いので、強力な武器で早く倒したいところ。実際にプレイするととんでもない数のクイックロードを行う羽目になり、制作側もやり過ぎたと思ったのか、その分ラスボスが弱めになっている。

WolfSP 2013-08-30 00-48-44-86_R

RTCW Unofficial v1.42x Patch のおかげでFull HDで問題なく遊べた。確か2008年頃にRadeonを使いcfgを変更してWUXGAでプレイした時はかなり不安定だったが、ようやく安定して遊べるようになったのが嬉しい。Q3 Engineは今遊んでも「ちょっと古いかな?」といった画質に留まっているのが素晴らしい。

WolfSP 2013-08-29 00-03-02-13_R

Saints Row: The Third – すっきりし過ぎたか

前作Saints Row 2から全てが洗練された。キャラクターと乗り物はより直感的に操作できるように、乗り物での移動時にフレームレートが安定し(PC版)、携帯端末を操ることでストレスになる要素を限りなく削れるようにした。無論グラフィックも秀逸だ。

しかしながら一つだけ気になったのは突き抜けた馬鹿さが無くなったことだ。他のゲームよりはバカなのは間違いないが、期待し過ぎたのだろうか?プレイ意欲が減ってしまった。グラフィックが進化し過ぎると真面目な雰囲気になってしまうのかもしれない。もうすぐ発売するというSaints Row IVには下品さが戻っていてほしい、バキュームカー的な。

SaintsRowTheThird_DX11 2013-08-11 17-25-10-19_R

全体的にミッションの難易度が低いが、頭を空っぽにして街や人間、兵器をぶっ壊せばよいだけのゲームなので気にならない。難易度が高いか低いか考える間に、キャラクター達がくだらない軽口をたたいて盛り上げてくれるのでどうでもいいことは忘れてしまう。


十時間ほどでクリア。急ぎ気味のクリアになってしまったが、あんまりやり込もうという気にならない。自分たちの領地(シマ)を広げようと頑張るゲームではなくなり、火力バランスを無視したキャラ育成要素を導入したせいだ。お金があれば弾薬無限やリロードを無しにできてしまうので興味が無くなってしまった。その反面、ゾンビが出現したり、電脳世界に入ったり、火星に行ったりと自由すぎる展開は楽しめた。その、あまりに現実離れした物語を素直に受け止めることができたのはSaints Rowに実力があったからこそなのかもしれない。

SaintsRowTheThird_DX11 2013-08-14 12-46-03-96_R
◆ゾンビと対峙するクライム…アクション?…かゆ…うま…

SaintsRowTheThird_DX11 2013-08-12 14-09-34-37_R
◆ヒャッハー!

UberSoldier II – よく出来たB級FPS

本作はヘッドショットが重要視されているので最初から最後まで楽しめた。同価格帯のFPSよりも出来が良いので、WW2時代のFPSが遊びたい人には良い選択ではないだろうか。

xtend 2013-04-28 23-42-03-62_R

2008年発売ということもあり、特別綺麗なグラフィックではないがゲームプレイに支障がないような配色になっているので好感が持てる。

xtend 2013-05-02 17-37-41-97_R

主人公のKarlはバリア(Time Shield)を貼ることが出来る。火炎放射はその内側から敵を一方的に攻撃可能だ。痛めつけているという印象が強く、笑いながら汚物は消毒だーという感じにはならない。


移動速度は遅めになっているが、落ち着いてヘッドショットを狙うようなゲーム性と合っているので、慣れれば気にならなくなる。前作はスピード感を全面に押していたので、続編としては少しハテナがつくが。

Strategy First でダウンロード購入した。予期はしていたが、日本からすべて落としきるのには時間がかかる。また、Ubersoldier (2006) もGamesPlanetでDL販購入したが。こちらも日本からだと速度が出ない。

Syndicate – 求めていたサイバーパンクFPS(2)

感想という感想は無い。単純に遊んで楽しいFPSだったのだ。充実した時間を過ごせて満足。自キャラが打たれ弱いと感じたので体力を上げたからか、やや簡単になってしまったかもしれないが。

求めていたDeus EXはこれだった

Deus EXがRPGだというのは承知しているが、戦闘用に特化しても大暴れできないというのはやはり寂しい。しかしSyndicateでは照準に補正をかけないかわりに、銃撃と特殊能力を組み合わせた力押しの戦闘方法を許しているのが嬉しい。それに合わせた敵の強さもちょうどいい感じだ。本作はCoDやBFに飽きてDeus Ex: Human Revolutionを遊んだけど戦闘に物足りなさを感じた人に強くオススメできる。Syndicateは面白いだけでなく、いろいろな表現にも挑戦しているので「ゲームってこんなの進化していたのか!」と感じることができるはずだ。

Syndicate 2013-04-19 00-26-53-40_R
◆ボス戦に手応えがあり面白い。力押しではなく、問題解決能力が問われる

Syndicate 2013-04-18 21-20-44-18_R
◆2069年の火炎放射器は予想外に作りこまれていた。シュゴーという轟音と共に光学迷彩の敵を焼き払うのは爽快だ