Saints Row: The Third – すっきりし過ぎたか

前作Saints Row 2から全てが洗練された。キャラクターと乗り物はより直感的に操作できるように、乗り物での移動時にフレームレートが安定し(PC版)、携帯端末を操ることでストレスになる要素を限りなく削れるようにした。無論グラフィックも秀逸だ。

しかしながら一つだけ気になったのは突き抜けた馬鹿さが無くなったことだ。他のゲームよりはバカなのは間違いないが、期待し過ぎたのだろうか?プレイ意欲が減ってしまった。グラフィックが進化し過ぎると真面目な雰囲気になってしまうのかもしれない。もうすぐ発売するというSaints Row IVには下品さが戻っていてほしい、バキュームカー的な。

SaintsRowTheThird_DX11 2013-08-11 17-25-10-19_R

全体的にミッションの難易度が低いが、頭を空っぽにして街や人間、兵器をぶっ壊せばよいだけのゲームなので気にならない。難易度が高いか低いか考える間に、キャラクター達がくだらない軽口をたたいて盛り上げてくれるのでどうでもいいことは忘れてしまう。


十時間ほどでクリア。急ぎ気味のクリアになってしまったが、あんまりやり込もうという気にならない。自分たちの領地(シマ)を広げようと頑張るゲームではなくなり、火力バランスを無視したキャラ育成要素を導入したせいだ。お金があれば弾薬無限やリロードを無しにできてしまうので興味が無くなってしまった。その反面、ゾンビが出現したり、電脳世界に入ったり、火星に行ったりと自由すぎる展開は楽しめた。その、あまりに現実離れした物語を素直に受け止めることができたのはSaints Rowに実力があったからこそなのかもしれない。

SaintsRowTheThird_DX11 2013-08-14 12-46-03-96_R
◆ゾンビと対峙するクライム…アクション?…かゆ…うま…

SaintsRowTheThird_DX11 2013-08-12 14-09-34-37_R
◆ヒャッハー!

UberSoldier II – よく出来たB級FPS

本作はヘッドショットが重要視されているので最初から最後まで楽しめた。同価格帯のFPSよりも出来が良いので、WW2時代のFPSが遊びたい人には良い選択ではないだろうか。

xtend 2013-04-28 23-42-03-62_R

2008年発売ということもあり、特別綺麗なグラフィックではないがゲームプレイに支障がないような配色になっているので好感が持てる。

xtend 2013-05-02 17-37-41-97_R

主人公のKarlはバリア(Time Shield)を貼ることが出来る。火炎放射はその内側から敵を一方的に攻撃可能だ。痛めつけているという印象が強く、笑いながら汚物は消毒だーという感じにはならない。


移動速度は遅めになっているが、落ち着いてヘッドショットを狙うようなゲーム性と合っているので、慣れれば気にならなくなる。前作はスピード感を全面に押していたので、続編としては少しハテナがつくが。

Strategy First でダウンロード購入した。予期はしていたが、日本からすべて落としきるのには時間がかかる。また、Ubersoldier (2006) もGamesPlanetでDL販購入したが。こちらも日本からだと速度が出ない。

Syndicate – 求めていたサイバーパンクFPS(2)

感想という感想は無い。単純に遊んで楽しいFPSだったのだ。充実した時間を過ごせて満足。自キャラが打たれ弱いと感じたので体力を上げたからか、やや簡単になってしまったかもしれないが。

求めていたDeus EXはこれだった

Deus EXがRPGだというのは承知しているが、戦闘用に特化しても大暴れできないというのはやはり寂しい。しかしSyndicateでは照準に補正をかけないかわりに、銃撃と特殊能力を組み合わせた力押しの戦闘方法を許しているのが嬉しい。それに合わせた敵の強さもちょうどいい感じだ。本作はCoDやBFに飽きてDeus Ex: Human Revolutionを遊んだけど戦闘に物足りなさを感じた人に強くオススメできる。Syndicateは面白いだけでなく、いろいろな表現にも挑戦しているので「ゲームってこんなの進化していたのか!」と感じることができるはずだ。

Syndicate 2013-04-19 00-26-53-40_R
◆ボス戦に手応えがあり面白い。力押しではなく、問題解決能力が問われる

Syndicate 2013-04-18 21-20-44-18_R
◆2069年の火炎放射器は予想外に作りこまれていた。シュゴーという轟音と共に光学迷彩の敵を焼き払うのは爽快だ

Shank – 荒削りな横スクロールアクション

現在の技術でバイオレンスなファイナルファイトを作りましたという感じのゲーム。実際にはファイナルファイトとはシステムがかなり違っているのだが、敵を殴った時の感触に近いものを感じたのでこう書いた。

Shank 2014-05-04 22-00-10-58_R

  • 弱攻撃は素早く気軽に振れる
  • 強攻撃はコンボの締めに使える
  • 銃器が使えるので、敵が撃ってきそうな時に怯ませられる
  • 緊急回避の意味で手榴弾を投げることができる

コンボは適当に殴ってれば途切れない。ファイナルファイトで言うところのパンチはめ(弱攻撃)が可能でタイミングも緩い。雑魚とのタイマンでは、まず負けないだろう。ステージの最後にはボスがいて、頭をひねればダメージを与える方法がわかるはずだ。Xbox360のPADでプレイしたのだが、システムが洗練されていないからか頻繁に操作ミスが起きるのが残念だ。できる事が多いので、何周も遊ぶようなゲーマーがハマれたらクールな時間を過ごせるだろうが、普通のプレイヤーだとキャラクターの操作を覚える前に一周してしまう。見えないルールが多すぎて理解に時間がかかるのが少し困る。

Shank 2013-02-21 20-42-08-07_R
◆とりあえずの汚物消毒。射程が短すぎて死に武器だった

Alien Breed 3: Descent – 三部作の意味無し(4)

惰性だけでクリアしようとするのが勿体無いと思ったので、できるだけ良いところを探していきたかったのだが、注意深く見れば見るほど粗が出てくるので、中盤以降は無心でプレイしていた。一応は新しい試みとしてトップダウン以外の視点で遊べる場面がいくつかでてくるが、特別な目新しさがあるわけでもないのに操作性が犠牲になっていて、遊びにくいだけだった。

AlienBreed3Descent 2012-12-04 21-18-54-62_R

AlienBreed3Descent 2012-12-04 21-49-25-83_R

今作はHUDのカラーが黄色なので最初から嫌な予感がしていたのだが、それが的中。脱出を盛り上げるための爆発シーンが多い最終作との相性は最悪で、画面内で何が起こっているのかわからない。他にも巨大エレベーターという美味しすぎるシチュエーションで敵が一方向からしか出てこないなど、あまりの適当な仕事ぶりに、開発会社も嫌々作っているんじゃないかなと勘ぐってしまう。

AlienBreed3Descent 2012-12-05 20-45-57-57_R

雑魚敵の出現が過去作よりも多くなり、戦闘が増えたこと事態は良いのだが、挟み撃ちされる局面も激増し非常にに不愉快。キャラクターの振り向き速度の問題から、小回りのきくアサルトライフルと火炎放射器以外は装備しているだけでダメージを負うリスクが発生する。

ボスも耐久力が高いだけでヒネリ無し。ストーリーは敵の親玉が「不老不死になろうぜ!」と誘ってくるだけで中身があるように思えなかった。三部作のうちどれか1つだけをプレイするのならば普通のアクションゲームとして許容できるが、3つ合わせて計15時間ほどプレイするというのならば話は別だ。3つに分ける意味が殆ど無く、それ以上に武器をリセットされるのが面倒でしょうがない。せめて武器の引き継ぎ可能というのであれば、まだ遊べたのだが。全体としてはよく整っていて単品としてはギリギリ遊べると思うが、三部作の締めくくりとしては笑えないダメゲーだ。