Dishonored – カオス度MAX

難易度Normalでクリア。思いのほかストーリーが重視されていて、会う人物人物がとにかくしゃべりまくる。そのうえ物語の背景を記した書物がそこら中に設置されており、全てを見聞きしているとアクションゲームの時間が減ってしまうので、それらを切って遊んだ。その結果ゲームをクリアした今でも主人公の名前がコルヴォということしかわからない。

Dishonored 2014-06-29 21-08-52-77_R

超能力を使った移動(テレポート)はステルスなのか

現実(または現実に近い設定)で生身の人間が非力ゆえに自分の居場所を悟られないよう身を隠しながらこっそりと動くのがステルスだと定義すると、(短距離ではあるが)テレポートできる人間が居場所を悟られないよう安全にテレポートできる場所を探す行為はステルスではないように思う。よってゲームの大半が「ブリンク」というテレポート移動に依存しているDishonoredがステルスゲームかどうかはかなり疑問だ。

しかしながら、既存のストレスのたまる泥臭いステルスアクションから一歩二歩進んでいることは間違いなく、Arkane Studiosはテレポート移動というアイデアに慢心することなく、本作を高いレベルのゲームに仕上げており素晴らしいと思う。もし彼らが似たような次回作を作るというのであれば、もう少しDMMMに戻して欲しい。

  • 近年のゲームにしてはクイックロードが早い
  • アイテムを拾うのが気持ち良い、特にコイン
  • 良くも悪くもコルヴォの戦闘能力が高すぎる
  • カオス度によるペナルティを軽減する装備がある
  • たまに暗殺ゲームなのか、装備を集めるゲームなのかわからなくなる

Dishonored 2014-06-28 22-00-32-83_R
◆私が無殺できないのはどう考えてもお前ら(開発陣)が悪い!

Dust: An Elysian Tail – こんなアクションRPGが理想

ゲーム全体の出来は77点。DustとFidgetの掛け合い、及び登場人物の会話を気に入るのならば80点。ケモナーなら世界観に惹かれると思うのでさらに+3の83点といった感じだろうか。ややこじんまりとしているが、8時間ほどの冒険をのんびり楽しめる上に、定価1200MSPということを考えると、費用対効果に非常に優れているのではないかと思う。見てもらえばわかると思うが、とてもユニークなビジュアルであり、単に「お得なだけ」というレベルに留まっていない。

DustAET 2014-04-26 23-48-19-59_R

少し残念な点としては、終盤に近づくに連れて戦闘バランスが崩れ、作業感が増えてしまうことだろうか。それを隠すためなのか経験値が異常な速度で貯まりレベルアップ祭りとなる。結果的に与ダメージが増え、被ダメージが減るので、後半に行くほど簡単になっているように感じた。

DustAET 2014-04-22 23-19-34-75_R
◆鍛冶屋のHaleyが超お気に入り。時点はヒロインでFidget

Trine 2 – 相変わらず雰囲気ゲームだが

グラフィックがとても綺麗。アンチエイリアスの設定を上げられるのであれば、他のゲームとは一線を画する美しさを得られる。

trine2_32bit 2014-03-10 22-30-49-98_R

前作のTrineから大きく変わった点は「オンラインCo-opへの対応」と「グラフィック向上」の二つしかないため、シングルでキャンペーンを遊ぶプレイヤーには拡張パックのようなものとなっている。細かいところだと、ストーリーが秘宝を探すものから姫を助ける冒険へと変わったからなのか、盗賊の性能が抑えめになった。そして敵キャラがゴブリンに変わった分、騎士の出番が増えたので3人の活躍できる場が均等になったように感じる。

パズルの難易度はほとんど変わらず、画面とにらめっこしていれば解けるレベル。数分するとヒントが表示されるので、面倒になったらそれを頼りにしてもよいだろう。自力にこだわるのならばヒント表示をオプションから切ることもできる。背景を眺めながらゆっくりと本編をクリア。特別な感想は無いが、丁寧に作りこんであり、なかなか楽しめた。贅沢を言えば、前作のラストのようなアクションとパズルが融合した”操作の忙しい”ステージも用意して欲しかった。

trine2_32bit 2014-03-04 21-35-42-26_R

Sacred 2 Gold – オークを殴ってPlatinumクリア(7)

レベル60で難易度Platinumを開始したのもつかの間、明らかにレベルが不足していて攻撃が当たらないわ、被ダメージが多いわで苦しい戦いばかりになる。それでもなんとか頑張ってAct2まで進めたのだが、拾える装備品の要求レベルが80やら90になっていき、無理してゲームを進めてもキャラクターが強くならないのを理解。そこで、難易度をGoldに落としレベルを上げることにした。

sacred2 2014-02-04 22-06-29-79_R

オーク洞窟(Orc Cave)でオークを倒しまくってレベルを60から74まで上げる。オークを復活させるために洞窟を出たり入ったりすることとなるので結構な作業感があるが、近頃動きの激しいゲームばかりを遊んでいたので、気分転換という意味では悪くなかった。あと、文句というほどの文句ではないが、Sacred 2はもっと分かりやすい「稼げる場所」を用意しても良かったのではないかと思う。

sacred2 2014-02-09 22-51-24-88_R

Platinumをクリアして

本体も戦える召喚ビルドとして作ったものの、召喚ゾンビがボス戦でどんどん役に立たなくなっていったので、本体を強化するように方向転換したからスキル構成が滅茶苦茶だ。それでもよくPlatinumクリアまで頑張ってくれたと思う。残念ながらニオブに挑戦するつもりはなく、このシャドウウォーリアには鍛冶屋として余生を送ってもらうことになる。

今後のSacred 2はハンマーをぶん回す二代目シャドウウォーリアか、二刀流セラフィム、二刀流インキュイジター、弓ドライアドあたりに交渉を取らせて遊んでみたい。しかし、どれもが鉄板ビルドであり新鮮な体験ができそうにないので、ドラゴンメイジでの交渉ビルドも考えている。

Torchlight II – 二刀流STRバーサーカーでNormalクリア(3)

難易度Normalをクリア。二刀流のSTR型にすることで適度な緊張感を出すようにしたのは、ある程度成功したと思う。最後の方は遠距離攻撃とノックバックがキツく、面倒になったので片手剣と盾に切り替えながら戦うことにしたが、概ね楽しめたと言える。

Torchlight2 2013-12-05 19-51-15-01_R

中盤ぐらいから敵のノックバックとスロー攻撃がうざったく、自慢の近接攻撃が活かしづらくなっていった。負けはしないが、ストレス無く切り込むためには耐性スペルや装備が必要となるので、本当はじっくりとトレハンしなければいけないのだが、早くクリアしたかったので旗(Battle Standard)にポイントを振って誤魔化してしまった。

クリア後のお楽しみダンジョンは前作よりも楽しそうなので、気が向いた時にゲームを起動させたいとは思っている。