QUAKE Mission Pack 1: Scourge of Armagon – 久々のQuake(1)

公式ミッションパックのScourge of Armagonをクリア。Quake本編をしっかりと覚えていないので大したことを言えないのだが、おかしいと感じるところも無くスピーディでシンプルなシューティングを楽しめた。弾薬が不足した時もあったが、それはSecretを探せということなのだろう。ソースポートは「Quake “Epsilon” Build」を使用。これはDark Placesにテクスチャやサウンドを詰め合わせたもので、クリアまで支障はなかった。

darkplaces 2013-08-04 22-46-35-43_R

久しぶりにQUAKEを遊んでみて

被ダメージが大きく、敵が硬いので緊張感がある戦闘となっている。しかし、銃の攻撃力が低く、敵の倒れるモーションもパッとしないので爽快感が少ないように感じた。今更ながら、当てるを重視したDOOMから避ける方向に持っていったのは、これはこれで良いと感じるが…。

The Ultimate DOOM – 残していたEpisode 4(4)

Thy Flesh ConsumedはDoomからUltimate Doomで追加された4つ目のEpisodeだ。実は数年前にDoomのEpisode3をクリアした時点でDoom2のダブルバレルショットガンが使いたくてしょうがなかったのでEP4を飛ばしてしまったのだ。しかし放置しておくのは勿体無かったので重い腰を上げてプレイしてみた。クリアした難易度はHurt me plenty(真ん中)。プレイする前からある程度予測できたのだが、ダブルバレルショットガンが無いため、かなり火力不足を感じた。開始当初は特にカコデーモンが硬すぎてけったるかったのだが、Mission3を超えたあたりからは火力バランスに慣れていき、なんだかんだで楽しみながら一気にラストまで進めることができた。

DOOM2の下位互換ではない

DOOM2よりも良かったのはKEYの配置場所やらワープなどの仕掛けが単純だったことだ。頭を悩ます必要がなく、直感的に進められるのはシューターで重要なことである。久しぶりにDOOMに触ったのだが、あまりに出来が良く夢中になりすぎてしまった。完成されたゲームに言うことなんて何も無い。良い時間を過ごせた。

gzdoom 2013-08-04 16-13-54-99_R

DOOM 3 BFG Edition – RoEをMarineでクリア(2)

Resurrection of Evil がどんなゲームだったかを思い出すようにプレイ。難易度をMarine(ノーマル)にしたのは適切だった。DOOM3は本来、懐中電灯と銃を交互に持ち替えて戦うことを推奨しているはずなので、純粋な戦闘難易度はヌルいぐらいがちょうどいいのだ。

Doom3BFG 2013-07-10 13-37-31-35_R

ダブルバレルショットガンは威力が高く使い勝手が良い。Resurrection of Evil の価値はこの武器にあると言っても過言ではない。頻繁に出てくるVulgarという雑魚敵は、ショットガンだと威力不足を感じるので必然的にダブルバレルショットガンに頼ることとなる。Impに変わるVulgarを爽快な銃でやっつけるという組み合わせが抜群に気持ち良く、RoEっぽさを感じる。

Doom3BFG 2013-07-10 14-20-28-73_R

なにか足りないと思ったら防毒マスクが丸ごと無くなっていた。個人的には気にはならないが、大きな特徴が減ったかなぁとは思う。二周目ということで恐怖は感じなかったが、純粋にゲームの世界にのめり込むことができる良質なシューターだと再認識できた。

不満というほどではないが、Mapの造りには粗さを感じる

Nerve Softwareが作ったMapは一見本家DOOM 3(id Software)と同じように見えるが、出っ張りが多く、動きまわって戦闘すると引っかかることが多々ある。見栄えが良く、プレイヤーが直感的に動きまわっても、引っかかりが起こりにくかったidのMAPは異常なほどに丁寧だったんだなと今更ながら感心した。

NecroVisioN: Lost Company – 無印NVよりもPainkillerに近くなった

スタンドアローンで動作する拡張版という位置づけ。無印NVよりもMAPが狭くなったので道に迷う時間が減り、弾薬も増えたので、割りと気楽に撃ちまくってゲームを進行させることができる。娯楽性が増えた感じ。

necrovision 2012-10-28 22-17-44-50_R

一人で戦うよりも仲間キャラクターと共闘することが多い。彼らのゾンビを殴るモーションはとても生々しく泥臭いので、ゲームの登場人物というよりも暴力性をウリにしているゾンビ映画のサバイバー達のようだ。

necrovision 2013-02-28 13-40-11-73_R

優れたFPS=ショットガンということを知っている開発者達だ。無駄撃ちしなければ持てる時間は多い、ヘッドショットに成功するとリロードが早くなったりもするので…なんかもう最高。Gewehr 98での狙撃は相手の弾を喰らってもプレイヤーのスコープがブレない。最近では珍しいが、無駄にリアルにするよりこっちのほうが射撃が楽しいに決まっている。

necrovision 2013-02-28 14-33-14-37_R

ラストチャプターだけシャドウハントが使えた。やりたい放題ができるのは短時間だから良いのだ。無印からしっかりと改善してくれていた。無印よりも普通のFPSに近くなったので、一週するだけならばLost Companyの方が遥かに取っ付きやすい。ただ、キャラクターの成長を考え、じっくりと二週以上するならば無印NecroVisioNの方が楽しめそうなので、本編への誘導という意味でも成功していると思う。

Half-Life: Opposing Force – 戦闘が楽しいアドオン(1)

チートを使ってクリアしたのが気持ち悪かったので、難易度Normalで最初からやり直してみた。主人公はゴードンフリーマンを襲った敵対勢力側で、当然仲間も軍人だ。彼らは攻撃力が高く頼りになる。

hl 2013-02-14 02-00-01-98_R

エイリアンを相手にすることが多く、SF風味でありながらミリタリー要素もあったりして中身が濃いように感じる。ラストに行くほど息切れ感があるが、全体的にテンポが良く戦闘もちょうどいいバランスで楽しい。

hl 2013-02-19 00-56-35-46_R

みんな大好き…じゃない異世界のXEN。個人的にはクイックロード前提のFPSジャンプアクションは好きなので、短くて残念だ。