RealRTCW – 高難易度が正解か(5)

RealRTCW – Realism Modはその名の通り、Return To Castle Wolfensteinのゲームプレイをリアルに寄せたバランス調整Modだ。既存武器の微調整、AIの挙動、多数の新規モデル、音の定位改善、経験者に向けた各難易度の差別化、などかなり大規模に変更が加えられている。が、今回私が難易度Don’t hurt me(本ModでのNormal)をプレイした限りではVanilla Return To Castle WolfensteinのBring’em on(Normal)との違いを感じられなかった。

全体的に弾が当たりやすくなり、AIの挙動が幾分か素直になったような気がするので、単純に簡単になっているような感じはするのだが、リプレイということを差し引くと安易に断言はできない。とりあえずDon’t hurt meを選択する価値が低いことだけは分かった。バランス調整Modを導入したとはいえ新鮮なゲームプレイというよりかは、どのようなゲームかを思い出すのがリプレイの目的だったので、大きな落胆は無いが多少残念であったというのが素直な感想だ。改造されたゲームエンジン(ioQuake3の派生版ioRTCW)のおかげで音の定位が大きく向上した分だけ、通常のゲームプレイはもちろん、高難易度でのステルスプレイも面白くなっているはずなので、興味があれば往年のファンは試してみてほしい(雑で無責任な締め)。

RealRTCW.x86_64_2018_03_03_23_48_28_479_Ra
◆無音で梯子を登れるというのは古典的でよろしい。プレイヤーをとても気持ちよくさせてくれる

RealRTCW.x86_64_2018_03_08_23_32_11_852_Ra
◆ナチスやオカルトの二大要素に隠れ気味だが、美女も結構な数登場する。おまけのHD Textures Packを導入し、彼女たちをさらに美人にしてあげよう(?)

以下ネタバレありなスクリーンショット集

RealRTCW.x86_64_2018_03_06_20_00_54_117_Ra
◆BARで敵兵士たちを制圧すると充実したものを感じる

RealRTCW.x86_64_2018_03_05_23_34_25_116_Ra
◆ナチス秘密兵器の圧倒的な暴力はバランス調整の対象になっていない(笑)

RealRTCW.x86_64_2018_03_05_22_44_51_417_Ra
◆ほとんど使えない火炎放射器。発売当初は改造id Tech3による優れた火炎描画だったと聞くが

RealRTCW.x86_64_2018_03_11_21_29_41_549_Ra
◆ボス全般が異様に固くて、ボス戦をしている感覚が強い。良いか悪いかは判断できないが個性的ではある

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。