Quake 2 – 至極普通に三周目(16)

3dfx OpenGLによって描画される景色を見ながら至極普通に難易度Normalをクリア。「色合い」といった単純な言葉で言ってしまっていいのかわからないが、3dfxのビデオカードを使うと確かにゲームの雰囲気が変わる。なんというか自然なのだ。自然で美しいのだ。一度これを味わってしまうと、3dfx対応ゲームをその他のビデオカードで動かそうとは思わなくなるだろう。それほどに違いがある。このご時世にわざわざGlide Wrapperなるものが開発されている理由も分かるというものだ。

  • ブラスターの銃声はやっぱり失敗だと思う
  • 各主要武器が強すぎるのは問題ないが、持ち運べる弾薬の量はやっぱり多すぎる
  • 絶対的に面白いのは同年に出たUnrealの方であるが、気楽に遊ぶとなるとQuake2の方だろう
  • 公式最終パッチ3.20を当てるとAudio EngineがIASへと変わり(?)、システムを判断して自動でA3DかEAXに切り替えて立体的な音を出してくれるようになる…はずなのだが、Consoleを見る限るどうも上手く動いてくれなかったようだ。しかし耳で聴く分にはなかなかの音の定位であったため、A3D1.x相当で動いていたようにも思う(AU8830装備)

Snap028_Ra
◆Quake2全体を通してみると、このような場所でも明るい方なのだ

Snap143_Ra
◆残念ながらRailgunだけはSource portでエフェクトを改造したモノのほうが格好良い

以下、NVIDIA、ATI、Source port、3dfxのごちゃまぜスクリーンショット集。なお、厳密なテストでないことを断っておく。

quake2 2016-07-04 13-18-08-69_R
◆NVIDIA GTX970でSteam版Quake2に3.24 Unofficial Patchを適応させたOpenGLの画像。Source portを使わないのであれば、これが現在のスタンダートと言えそうだ。NVIDIAの色作りが当時(Riva TNT2あたり)より良くなった分だけ、デフォルトの状態が綺麗になったと言えなくもない

quake2 2016-07-05 23-31-04-72_R
◆ATI Radeon HD 2600 XTで3.24 Unofficial Patchを適応させたOpenGLの画像。よくよく見比べるとNVIDIAとは結構違うものだ

kmquake2 2016-06-28 21-50-32-19_R
◆先のGTX 970を使ったKMQuake II。シャープさコントラストが高くなっていて、やや原型原色から離れてしまっているが、人工的な絵が好きな人は気にいると思う。故・id Super Packがおいしい時期であった、つまり2008年あたりであるが、その時は沢山のQuake2のSource portが溢れかえっており、どれを使って良いのか分からなかったものだが、今であればKMQuake IIが一押し。導入のしやすさと設定がシンプルなのがとっつきやすい。特にこだわりがなければ、まずはこれから触ってみてほしいところだ

Snap134_Ra
◆スーパーショットガンでの力押しがQuake2らしい

Snap181_Ra
◆個人的にロケットランチャーは音、威力、モーション、野暮ったさのどれもが好き

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。