Quake – 難易度Hardで二周目(10)

久しぶりにQuakeをプレイして気が付いたのは、うまく立ち回ればダメージを受けないということだ。それはEpisode 1と2ではアーマーが削れる程度のダメージで済み、Episode 3でようやく本体がダメージを受け始めて回復剤が欲しくなるといった具合で非常にうまく出来ている。id製らしく射撃感とスピード感も良く、今現在でも優れたシューターと言えよう。

ただ、Episode 4だけは好きになれない。ビョンビョン飛んでプレイヤーと自爆しようとするとSpawnが出現するようになるからだ。飛んでくる前に爆風で吹き飛ばしたり、無理せず引いてみるなどの対処法もあるのだが、FPSに慣れていない頃に苦しめられた思い出があるからか、いまだに嫌いなのが治らない。また、Quad Damageがやけに多く設置されているのも気になった。数分に一回の割合でダメージ4倍状態になれるというのは、ありがたいを通り越しお祭り状態であり、大雑把な印象だ。しかしながら、それでもそれなりに面白く遊べるのがQuakeの凄いところなのかもしれない。

darkplaces 2015-01-31 22-49-52-89_R
◆ゲームに慣れるとShamblerが可愛く見えてくる

Similar Posts:

Quake – 難易度Hardで二周目(10)” への2件のコメント

  1. Spawnは一度とりつかれると手の施しようがない敵ですね。
    しかも自爆して大ダメージを与えてくるし同士討ちにも使えない。
    その点同士討ちに大いに役に立つシャンブラーはとても可愛いですね。デザインも白くてモコモコしてて。
    またゲーム中最も多く出現する敵であるオーガーがDOOMにおける最も多く出現するであろう敵であるインプと比べ物にならないくらいタフで火力もある、ゲームの難易度調整に関してQUAKEは大雑把かもしれません。
    ただクアッドダメージで突き進む爽快感は非常に溢れているので不思議な中毒性があるのも確かです。

    • 数年前にSpawnの相手をした時は闇雲に銃を乱射していただけでしたが、今回は120Hzのディスプレイ使用ということで意外となんとかなるんじゃないかなとは思っていました。しかしSpawnの飛び上がり自体は滑らかに見ることが出来たものの、移動の不規則さにAimが追いつかず、結局普通には倒せないと判断。やはり面倒。

      シャンブラーは不気味で攻撃が痛く、恐怖の対象でしたが、アーチバイルと同じようなもので慣れてくると愛嬌のようなものを感じるようになりました。今回は、というか今回もうまく同士討ちに絡ませられなかったので、次は冷静に試してみたいと思います。Quakeはオーガの対処がやはりキモですね、戦闘頻度の高い相手だけれども、焦らず向こうの得意な距離に付き合わないのが正解でしょうか。クワッドダメージは世紀の発明!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。