Project I.G.I.: I’m Going In – 遊べるリトライゲー

詳しい紹介はGameWatchを見てもらうとして、本作を大雑把に言えばDelta Force(1998)とFar Cry(2004)とNo One Lives Forever(2001)を足して三で割ったようなゲームだ。内容は単独潜入型のFPSで、チェックポイントとクイックセーブが存在しないのが特徴。フライトシム(Joint Strike Fighter)のゲームエンジンで描画された広大な空間をセーブなしで攻略しなければならないということで、難易度は高め。一応は人工衛星からの俯瞰Map(PDA)や高性能双眼鏡のおかげで、目的地やその周囲の地形、敵の数や監視カメラの場所が把握ができるので、注意深く行動すれば、大きくは困らないだろうが、後半になるにつれ電波障害でMapが見られなくなったり、室内が増え双眼鏡が役に立たなくなるので、どうしても出会いがしらの戦闘が増えダメージが蓄積しがち。しかし、それはもう「こういうものだ」と割り切って、軽い気持ちでリトライするのが良いように思う。その”チェックポイント無し”は最終面以外ではうまく働いているように思わなくもないが、開発側の押し付けに感じることも多々ある。

  • 広大な土地は開放的で美しく見え、歩くのが楽しい
  • AIの頭は微妙だが、最低限の仕事は行うのでつまらない方へ加担していない
  • ショットガンの『JackHammer』は攻撃力と射程が長く燃費良く、文句なしの強武器
  • 砂人氏の記事に習い、極力ナイフを使いステルスプレイを行った
  • リトライする度に主人公ジョーンズの潜入の手際が良くなっていくのを楽しめるかどうかでゲームの印象が変わるように思う

snap_a023a
◆ナイフはしっかりと頭に刺さないと一撃で倒せない

snap_a019_Ra
◆高台から敵の配置と監視カメラの位置を頭に叩き込み、侵入経路を考える

snap_a043_Ra
◆ピッキングシーン(三人称)は潜入というよりも、こそ泥のようだ

snap_a051_Ra
◆ツツツツツー…

snap_a021_Ra
◆ミッションの終わり際、迎えのヘリが見え始めて安堵する

Similar Posts:

Project I.G.I.: I’m Going In – 遊べるリトライゲー” への2件のコメント

    • 単純に評価されたゲームを遊んだだけですが、懐かしんでもらえたのであれば良かったと思います。
      広いマップは視覚的に広く美しく感じながらも、実際に歩く時間が少なめというのがゲーム的によくできていました。
      意外とこれができているFPSは少なくて、さじ加減がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。