One Unit Whole Blood – BloodCMでリプレイ(9)

BloodCM(Blood Crossmatching)はソースポートのEDuke32を使用しOne Unit Whole Bloodを再現するプロジェクトだ。久しぶりにチェックしたら、Episode 2までが99%完成しているということなので、試しに遊んでみた。以前はBloodTCという名前で2011年から公開していたのだが、実際の作業は2008年から着手していたらしい。Episode 2クリアまでに深刻なバグは無かったが、幾つか注意すべき点があったので書いておく。大きく困ったのは、氷塊や水中に潜るステージでTexturesの設定を上げ過ぎるとフレームレートがひと桁台にガタ落ちすること。他には幽霊に攻撃を当てた時のノックバックがオリジナルを再現出来ていないのと、地面のテクスチャが透明になってしまうこと、それに敵キャラの座標が少しズレる程度にとどまっている。

やはりいつ遊んでも、ダイナマイトをぽいぽい投げるのはスカっとする。

eduke32 2014-05-11 23-03-23-37_R
◆アキンボに癒される

eduke32 2014-05-11 22-41-09-77_R
◆汚物の消毒。炎の描写は近年のゲームに近くなっている

Similar Posts:

One Unit Whole Blood – BloodCMでリプレイ(9)” への3件のコメント

  1. はじめまして。
    いきなりですが、導入方法について教えて欲しいです。
    どうファイルを配置しても、メニュー画面からバグっていて、
    ゲームを始めてみても、一番最初のジャンプする場面で天井に突き刺さってゲームになりません。
    どうやって導入されたのか手順を教えて頂けたらと思います。

    ではお返事待ってます。

    • 導入の質問がBloodCMであるなら、GOGからDownloadしてできたBloodのフォルダに新しいフォルダを作りそこに解凍したBloodCM一式を突っ込めば起動します。
      もしこれで正常に動作しなければ、Moddbを熟読するか彼らに質問してみるのが良いでしょう。

      • 返信ありがとうございます。
        自分はSteamで買ったのですがSteam版とは互換性がないのかもしれませんね。

        そう結論付けて終わりにしたいと思います。
        ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。