F.E.A.R. – 難易度Hardで二週目(7)

結論から言えば難易度Hardはそれほど面白いシューターではないように思う。というのも、敵があまりにも機械丸出しの反応速度と射撃精度だからだ。それに対しプレイヤーは被弾を抑えた撃ち合いでの勝利が難しく、敵を見かけたらすぐさまスローモーを使わざるを得ず、単調なゲームになりがち。ストーリー的にはむしろ正しい姿と言えなくもないが、アクションシューターとしては疑問だ。難易度がNormalであるならば、比較的余裕があり、切羽詰った状況に陥りにくいので、ある程度プレイヤー自身でスローモーを使うタイミングを決めることができる。この遊びの幅こそがビデオゲームにとって重要であると考えるので、Normalが適切な難易度だと正確に確認できた。Normalの満足感を最も高くするゲーム作りは極めて正しい。

  • アイテム収集はゲームを大きく有利にする
  • 敵を溶かすような破壊力のグレネードが爽快
  • EAX HD4は相変わらず素晴らしい。ヘッドホンor多chスピーカー推奨
  • 終盤でピストルの出番を作ったのは全体を見ると正しいがやや強引な印象

FEAR 2017-06-03 15-44-31-40_R
◆リーン動作+スローモー+ヘッドショットが基本

FEAR 2017-06-01 23-08-42-90_R
◆あるま。FEARシリーズを合計すると30時間以上プレイしていることもあり、彼女を見ても何の感情も沸かなくなっている

FEAR 2017-06-03 16-18-52-26_R
◆進行ルートを避け、遠回りすると大体置いてある永続的パワーアップアイテム。宝探し感覚で集めているとスローモーの時間が大幅に伸び、いつの間にかプレイヤーが強くなりすぎてしまう「ずっと俺のターン!」

FEAR 2017-06-01 22-12-31-26_R
◆トイレが汚いほど良ゲーの法則

FEAR 2017-06-03 16-20-33-23_R
◆ボスにあたるパワードアーマーは跳躍地雷を置いておくだけで倒せる。…うーん、少し味気なかったか

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。