Drug Wars – 名前を変えないでください

CryENGINE 2を採用したということで話題になった今作。Steamで発売された当初はMerchants of Brooklyという名前だったが、いつの間にかマルチプレイが追加されてDrug Warsと改められて売られている。二時間ほどでクリア。あまりに短くて特別に書くことはないが、その二時間の間に数回クラッシュしている。

launcher 2012-07-05 23-38-40-33_R_R

腐ってもCryENGINE 2なので、それなりに綺麗。ただし水は簡易的な表現になっていて結構汚く見える。CrysisはCrytekがしっかり作りこんだからこそ、あの綺麗さが出ているんだなと感心した。一番ダメなのは射撃が絶望的につまらないことだろうか。異常なアクロバティックな動きの敵に対して、こちらは武器のほとんどが単発になっていて当てにくい。その割に当てたところで敵は硬いし、リアクションもとってくれないので、Shooterとしてはかなり終わってると言えるだろう。

launcher 2012-07-05 23-08-33-69_R_R

短いゲームのわりに武器の種類が多いのが唯一の長所だ。ただし大多数の武器は自爆しやすいため、初期銃のショットガンより使えないものとなっている。新しい武器を手に入れたプレイヤーは、はやく性能を試したくてしょうがない状態になり、次の展開に最も期待するはずが、実際に撃ってみると武器の使い勝手が悪く、自爆ダメージを受ける羽目になる展開が多すぎる。プレイヤーの期待を大きく裏切るのはあまりにも罪深い。

launcher 2012-07-06 00-02-05-49_R_R

登場した瞬間にスタックするボスには、やれやれと呆れるほかない。その可哀想なボスを撃ち殺すと画面が青くバグった。既に何回もやらされているクライアントの再起動にもうんざりしており、コーヒーを煎れて戻ってきたところで、何故かクレジットが流れ始めた。最初から最後まで期待を裏切らないクソゲーだ。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。