Delta Force: Black Hawk Down – 商魂たくましい(4)

NovaLogicが映画「Black Hawk Down」をまんまゲームにしましたという作品。残念ながら公式にはライセンスが下りなかったようだ。映画会社の人間がチェックしてみたのかはわからないが、許可しなくて正解だと思った。

DFBHDは史実のモガディシュの戦闘を元にしている。つまりアメリカ特殊部隊がソマリアに殴りこみに来ているわけだが、戦争に巻き込まれている一般市民はもちろん歓迎するわけないので石を投げてくる。ここで終わっておけばリアルだなぁという話になるのだが、この投石に対してAIのデルタフォースが反撃して市民を撃ち殺してしまうのだ。ものすごくリアルだなぁ…。

dfbhd 2013-02-16 22-21-53-46_R

ゲームはガチガチに固められたスクリプトの一本道仕様。反射的にMedal of Honor: Allied Assaultや初代Call of Dutyよりも劣るなと頭をよぎったが、冷静に思い返すとビジュアルではそれほど引けを取っていないように思う。サラウンド環境も考えると負けてしまうが。

dfbhd 2013-02-16 00-52-46-48_R

乗り物を動かしたり、守ったりする場面は豆粒大の敵がRPGをぶっ放してくるので大多数にプレイヤーは一発クリアは出来ないだろう。いわゆる覚えゲー要素が多い。

誰のためのゲームか?

映画を元にしているのでカジュアル層に向けてのゲームだと思っていたのだが、誰がやってもスムーズにクリア出来ない強烈な覚えゲーだった。普通の人でも回数をこなせば進めることができるかというと、それなりの難易度の上にセーブ回数に上限があるので根気が必要。

ではゲーマー向きかというとそれも違う。これは敵のAIに問題があり、過去作の野外戦闘用AIを市街戦に持ってきているため、索敵能力が異常で歪な戦いを強いられるのだ。詳しくは書かないが、クリアリングやAimで補える範囲を超えているのでセーブマネージメントだけが要求される。間違えて購入する人は少ないだろうが、同社のDelta ForceやDelta Force 2とはまったく違うゲームになっているので注意。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。