Dead Pixels – 家探しRPG型ゾンビシューター

ゾンビが周りに溢れて大変!だから空き家で物を盗んで、ショップで換金して銃を買おう!

盗む→買う→殺す→盗む→買う→殺すの繰り返しが気持ち良く、いつの間にかDead Pixelsを好きになっているだろう。やることが単純明快で射撃感も良い、優れたアクションゲームだ。

最初は貧弱な主人公。少しクセのあるゲームなので、ルールを覚えるまでは弾薬不足になったりする。Meleeは使い勝手はいいものの、接近することがリスキー。

Dead Pixels 2013-05-26 00-32-42-00_R

三回目のニューゲームにして二時間でクリア。一周が短いのが好印象だ。序盤はゾンビを避けて弾薬を節約しながらの地味な立ち回りを強いられるが、後半は真逆の撃ちまくり展開となる。このギャップ(ご褒美)がゲーマー心をくすぐる。

The Solutionについて

難易度Normalキャンペーン(Dead Pixels)をクリアしたが、もう少し遊びたいということでThe Solutionという別のシナリオをやってみる。こちらも難易度Normal。

  • セーブ回数が有限
  • ショップが存在しない
  • 携帯電話でアイテムの配達を手配することになる
  • 次か、次の次ステージ(Street)に木箱が置いてあるので見逃さないように
  • インベントリは”i”で開ける

Dead Pixels 2013-05-26 14-00-27-58_R

「Dead Pixels」ではショップでスキルを上げることができたが、「The Solution」ではスキルの決まっているキャラクターを選ぶことになる。

Dead Pixels 2013-05-26 17-02-10-38_R

とにかく弾薬が少なくて逃げることが肝心だ。最低限のゾンビだけ処理するのは、昔のバイオハザードを思い出す。2Dなので動いているキャラクターはSTG機体のようだが。二回目のニューゲームで余裕を持ってクリア。クリアすると「True ending」という実績が解除された、恐らくここまで遊んで欲しいということだろう。短い時間で楽しめるのでインディーズゲームのお手本だ。素晴らしい。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。