Brothers in Arms: Road to Hill 30 – 俺のために死んでくれ

分隊に指示を出しながら戦うという一風変わったWW2のFPS。難易度Normalで遊んだ限り、詰まったところは無かった。というのも、チェックポイントで自動セーブで行われるので無理して進むと”詰みセーブ”が出来上がってしまうので、救済策として何回か死ぬとHPを回復するかどうかを聞かれる。そこでYesと答えればHP満タンの状態で途中スタートできるので、容易にミッションクリアが可能になる。詰まった展開になった場合、仲間を死なせたくないプレイヤーはチャプターをリスタートすれば良いし、早く進みたいというプレイヤーは遠慮せずにHPを回復させれば良いので、このシステムは成功しているように思う。

bia 2013-09-11 00-38-04-81_R

基本的には制圧射撃で敵を怖がらせて突撃部隊で抑えこむか、プレイヤーが側面から射撃していけば削っていけば良い。この一連の戦闘方法がゲームの最初から最後まで続くので、人によって好き嫌いが別れるだろう。求められる技能はシューティングではなくストラテジー、もしくはパズルの解法だ。

恐らくBrothers in Arms: Road to Hill 30というゲームは、極力自分の手を汚さないで分隊指示に徹底するのがスマートな遊び方だと思うが、それでは何のために一人称視点でやっているのかわからなくなってしまうので、私は適度に突っ込む方法を取らせてもらった。

bia 2013-09-11 17-34-18-69_R

リアルなのか、そうではないのか

実在の人物と場所、作戦をこれでもかというぐらい忠実に再現しているが、ゲームをプレイしていると、仲間が死んだり生き返ったり、操縦者が死んでいる戦車が動いたり、用意された迂回路を使わないと切り抜けられない戦闘などが目につく。要するに史実に基づいて作っているけれど、リアルであることよりもゲーム(遊び道具)であることを優先しているということだ。これは良い判断だと思う、あまりにリアルさを求めると、ただ単に理不尽なだけのゲームになってしまうからだ。


十時間ほどでクリア。曇りっぱなしの天候ばかりだったが、のんびりとWW2の雰囲気を満喫した。MoHやCoDの大げさなドンパチよりも、淡々と任務をこなしていくBiAの方が戦争に参加している気分になる。非常に満足した。贅沢を言うならば、M1 Garandは途中リロード出来ないようにして欲しかった。

Braid – てけとーにクリア

高評価ということで、とりあえず遊んでみたもののパズルの難易度が非常に高かったので、てけとーに攻略を見て終わらせた。自力でクリアできた人は頭が柔らかい上に根気のある人だろう。断片的なメッセージから物語を組み立てる作りなので、無性に続きが気になるものの、結局はパズルを解かなければ物語の破片を集めることができないのがイライラする。

Braid 2013-02-08 23-14-30-28_R

ストーリーは「大体こんな感じかな」と頭で整理した内容と、考察サイトの内容が大体同じだったので安心した。よくできたゲーム(お話)だと思うが、やはりズルしてしまうと感動が減ってしまうな。

AirBuccaneers HD – ドンパチは楽しかったよ(2)

前回AirBuccaneersの記事でネガティブなことばかりを書いてしまったが、ゲームルールを知っているプレイヤーがサーバーに揃えば考えも変わる。勝っても負けても楽しい。

abu 2012-12-22 03-41-18-86_R

めでたくAirBuccaneers HDがSteamで販売されたが、名前からHDが取れてAirBuccaneersになった。期待しながらサーバーを探すとそれなりに人数が増えていてSteamのパワーはすごいと思った。Pingは300付近で遊ぶことになりそうだが、シビアな操作が入るわけでもないので気にしなくてもいいだろう。

abu 2012-12-22 03-54-15-69_R

基本のルールはTDMなのだが、プレイヤー同士が直接対決するわけではなく、飛行船同士で大砲を撃ちあうのだ。飛行船は数人で動かすこととなるが、日本人であれば、なんとなくキャプテン(Helmsman)の指示に従って飛行船を操作するゲームだというのがわかるだろう。

理解しやすいのは砲撃手(Gunner)で、目の前の飛行船めがけて大砲を発射するだけでいい。私は英語(コミュニケーション)と攻撃(Ping差)に不安があったので、雑用係(Blocker)をやっている。望遠鏡で敵方向を知らせたり、船を修理したり、空中機雷を設置したり、マスケット銃を撃ったりとバタバタするのが役目だ。とにかく重要なのは暇な時間を無くすことで、なにかしたら出来る事を探すのはKilling Floorなどに通じるところがある。砲撃手が居ない時は片手間で大砲に火を入れるぐらいもできるので更に作業量を増やせる。

操舵手(Helmsman)は風を読み取るのが重要で、(一気に勝てる)奇襲をするにはブーストするタイミングを船員全員が把握していなければいけないのだ。自分勝手に砲台を撃てば居場所がバレてしまう。そういう時にラジオチャットでDon’t Shootを三回響かせるだけで、ピタっと全員が動きを止めたときは訓練されたゲーマーばかりで嬉しくなってしまう。

abu 2012-12-23 17-49-45-25_R

ゲーム自体は非常に遊びやすい。不意に死んでもハングライダーによってすぐに戦線に復帰できる。かといってダレやすいわけでもないのでよくできてると思う。完成度の高い対戦Co-opゲームでそれなりにオススメできる。

AirBuccaneers HD – 雲行きが怪しい(1)

GamersGateを見ていたら新しいAirBuccanersがあったので買ってみた。日本語だとエアバッカニアーズと読むらしい。前作はUnreal Tournament 2004のModだったが、今回はUnityで作り直されている。まだまだ開発途中だが、私はMod時代に軽く楽しませてもらったのでかなり期待している。

abu 2012-11-13 19-21-45-34_R

前のAlpha版はボチボチと人がいたのだが、今現在はBeta(0.81)になっており人及びサーバーが少ない。が、これの理由はなんとなくわかる。ゲームを始めるとうんざりするほどのキャラ育成(経験値稼ぎ)が目につくからだ。気軽に遊べるような雰囲気は皆無で、プレイする意欲を削いでしまっている。

abu 2012-09-28 17-39-32-24_R

少なくとも私が求めているのは経験値稼ぎや公式トレイラーのような激しいドンパチではなく、思い通りに動かない飛行船でオタオタしながら味方と協力して当たらない大砲を撃つというほのぼのゲームなのだ。目視で敵を発見しているのに双眼鏡でいちいち覗き直してインカミーンと叫ぶロールプレイ。

UT2004 2012-10-02 20-51-48-94_R
◆Mod時代のスクリーンショット。ゲームの雰囲気は変わっていないので昔に遊んだ人も違和感なくプレイ出来ると思う。1人で飛行船を飛ばして景色を見てるだけもそれなりに気持ちいい

Orcs Must Die! 2 – Co-opでNightmareをクリア(3)

固定のフレンドとCo-opにてナイトメアをクリア。Normal、Nightmareと順にクリアして15時間ほどかかった。ソロはプレイせず罠の確認程度。

OrcsMustDie2 2012-09-07 00-52-20-11_R

難易度がウォーメイジからナイトメアに上がっても、大きく変わるわけではない。遊びの罠が使えないくらいでMAPごとの攻略を丸々変える必要はなかった。 腐ってもタワーディフェンスなのでうまくバリケードを使うのが肝になっている。

OrcsMustDie2 2012-09-07 00-55-23-79_R

二人でCo-opすれば盛り上がること間違いなしの良ゲーム。野良でのCo-opが出来ないので、固定のお友達と一緒に購入すれば良いと思う。ソロでこのゲームを遊んでみればわかると思うが、MAPの作りがCo-op重視になっているので、敵の出現ポイントが多く1人で遊ぶと忙しすぎて泣きそうになる。一人で気楽に遊びたいのならば前作の方がいいのかもしれない。