Far Cry 2 – FC3後の二周目(4)

中盤でもうプレイヤー側の戦力が過剰になってしまい、目標がなくなり、あまり面白くなかったFar Cry 3の後に前作のFar Cry 2を難易度Normalでやり直してみた。二周目ということで肩の力を抜いてプレイしていると、やっと各所で言われているような”魅力”に気が付けたような気がする。俗にいう目的なくぶらぶらする楽しさをいうヤツだ。本作はゲーム側から「あれをやれ」「これをやれ」といった制約がほとんど無い。近年のゲーム(洗練されすぎた?)では意外と自由にやっているつもりでも、次にやるべき事柄がほんのりと示されており、自分の意志でやっているのかどうか分からなくなってしまうものなのである。しかしながらFar Cry 2は素でやっているのか、狙っているのか完全に投げっぱなしジャーマンな作りになっている。つまり「遊び場は用意したから、後は勝手にやれ」ということなのだ。

その遊び場でクリアを優先したりや単純な楽しさを求めた場合、せっかくの仕掛けが単調で味気ないものへと変わってしまうため、プレイヤーは出来る限りその遊び場で自ら楽しく遊ぶ工夫をしなければいけない。ゲーム側が常にプレイヤーを楽しませてくれるわけではないのだ。ここが人を選ぶ要因なのだろう。私も一周目にはクリアを目指しすぎていたこともあり、なんだか作業感を感じながら進めていたが、大きな間違いであった。正しくは気ままに仕事を請け負って、気ままにアフリカ兵を狙撃してみたり、なんとなく行ったことのない場所にジープを走らせてみたり、計画的に貨物車にロケットランチャーをぶっ放してみたり、理由もなく森林を燃やしてみたり、不意にシマウマを轢いてみたり…ということなのだ。また、遊びには付きものであるおもちゃ(銃器)が当然必要となってくるわけだが、それを得るための探索兼地味なダイヤモンド探しが苦痛だと、ちょっとこのゲームを楽しみにくいかもしれない。最後に、楽しさを維持するため、単調さを回避するためにも1日に1時間程度のプレイが有効であることを明記しておきたい。なにやら無理してゲームを楽しむような姿勢に思われるかもしれないが、実際に遊んだ経験があるなら2時間ほどで集中力が切れることも分かってもらえるはずだ。なにより長時間プレイヤーをに釘付けにすることが、すなわちゲームの価値というわけでもあるまいし、このくらいがフリーローミングとして丁度よいのだと思う。

FarCry2 2016-04-21 16-53-56-12_R
◆進行をランダムに邪魔される傭兵ライフを楽しめるかどうか

FarCry2 2016-04-04 19-09-16-08_R
◆面倒になるとすぐにロケットランチャーをぶっ放してしまう悪癖

続きを読む

Far Cry 2 – Fortune’s Editionを無事にクリア(1)

本作は射撃部分とグラフィックが非常に高いレベルに仕上がっているものの、終始やることが敵を殺すだけの単調な展開で、プレイヤー自身が楽しみ方を探さなければいけない珍しいゲームとなっている。システムは全編を通してフリーローミング形式になっており、お使いをこなしていき、お金を貯めて強力な武器を武器を揃えていく流れになるが、所持できる武器の種類が制限されすぎていて、あまりお金を稼ごうという気分にならない。

FarCry2 2012-07-01 15-59-14-88_R

めちゃくちゃ広いMAPの草木を異常な丁寧さで作り込んでいるのが怖い。MAPはとても広く、移動には車や小型船などの乗り物を使うこととなるのだが、移動している時間が長い上に、関所が多く設置されており、ゲームを起動する度に敵が復活する仕様で、いちいち戦闘するのが面倒すぎる。恐らく、これが苦痛だとこのゲームの大半が苦痛になってしまうだろう。

FarCry2 2012-07-01 15-13-59-27_R

お使いの目的は「奪え」「殺せ」「破壊しろ」しかなく、これを20時間以上繰り返すこととなる。何を楽しめばよいか?戦闘しかない。あるていど進み、ロケットランチャーが使えるようになると、エフェクトの派手さもあり、暴れるのが楽しくなる。

FarCry2 2012-07-20 21-13-53-01_R

後半になり気が付くとライフルで狙撃しかやっていなかった。とくべつ近接戦闘が難しいわけではないが、敵が車で轢き殺しにきたり、遠くの敵がロケットランチャーをぶち込んできたりと、事故要素が急激に増えるのだ。目的地までの移動のやり直しが非常に面倒なので、狙撃に切替えてしまった。

プレイしている間は楽しさが20(移動)から50(戦闘)を行ったりきたりで、終始興奮するような作りではないが、堅実な射撃とよくできたアフリカの雰囲気の二つが妙な遊び心を刺激してくれる。目的地への移動が不便で面倒でしょうがないのだが、それが逆に、リアルな傭兵のようだ。だらだらとアフリカの景色を見ながら、適当に銃を撃つのが意外と面白かった。