Battlefield 1 – お試し10時間(16)

OriginからBattlefield 1の10時間体験をやってみないかと薦められたので軽く触ってみた。10時間プレイで分かった事柄は少ないが、歩兵戦の重要度が増したのは確かなようで、BF3やBF4に比べるとFPSを遊んでいる感覚が高く、好みの味付けである。ただその分だけ個々のスキルの比重が高まっているせいか、撃ち合いの苦手なプレイヤーが多いチームは過去作以上にどうにもならないといった印象を受けた。

また、20分前後で1試合が終わるサーバーも多く、ちょうど拮抗状態が続き面白くなってきたり、大勝し気持ちよくなっている状態が落ち着いてきたり、超劣勢でキレそうになっているところで終わるのも、だらだらと長い時間半お祭り気分で遊ぶアクションゲームとしては良い塩梅なのだろう。グラフィック面も煙、粉塵、砂嵐などのParticleが特に凄まじく良く出来ていて、見ているだけで火薬や肉の焦げた臭いと共に喉が渇くような感じがし、素晴らしく思う。

bf1Trial_2018_05_01_21_54_29_028_R
◆基本的にはSupportとMedicを選び、補給品を投げながら前線から一歩引いたところでバックアップを行うという何一つ遊びの無い遊び方

bf1Trial_2018_04_29_11_32_49_452_R
◆前線の崩し方が分からないため、とりあえずのキャンプ防衛で相手に嫌がらせすることが多かった

Battlefield 4 – 経験値ブーストを活用して鷲まで(15)

鷲マーク(=ランク100)までの道を経験値ブースト期間+経験値ブーストアイテムの併用で高速に駆け上がった。この合わせ技を使うと経験値倍率が400%~800%ぐらいまで上がるので、かなりのスピードでランクが上げられる。時たま行われる経験値ブースト期間を複数回利用した形だ。今回も基本的にはコンクエストゲームモードで工兵を選び、ひたすら相手のヘリを落としてチームに貢献するプレイだが(積極的に裏方に回らないとマルチプレイを遊んでいる気分にならない)、DMRやショットガンなど使っていなかった武器もMapに合わせて使ってみた。やはりというか、どちらも距離によっては強めの武器ではあるものの、その分だけ距離調整に頭を使わないとうまく運用できないので、習熟に時間が掛かりそうな上にプレイスタイルと合わないような気がしたので、戦況が拮抗している時は使い慣れたカービンに切り替え。

一応ランク100までプレイしたものの、結局最後まで何をするゲームかよく分からなかった。それなりに面白いのは事実だが、どう考えてもスコア稼ぎがメインのゲームにしか思えないわけだ。別にそれ自体を批判するわけではないが、何かこうゲーム全体が乾いた感じがして物足りない。これが私のプレイスタイルからくるものなか、実際にそうなっているのかはわからないが、少なくともだらだらと経験値を稼ぎ続けるMORPG化しているように私が感じたのは事実なのである。

bf4 2017-04-04 21-28-27-01_R
◆基本的にはSA-18 IGLAを担いでヘリを狙うだけの脳死プレイ。対戦ゲームで嫌がらせをするのは好きな方だが、相手のヘリを無視する味方プレイヤーが多すぎたため、半ば自動的に脳死プレイが固定化されていった気がする

bf4_score
◆めでたくランク100到達。前回の成績表から数値的な変化はほぼ無し。慣れという意味で立ち回りは間違いなくうまくなっているのだが、数値には現れてこなかったようだ。また、自分で自分を褒めるとしたらチームが負けている時でもスコアが大きく下がらないことか。これはBFに限ったことではないが、対戦ゲームにおいて内的外的要因問わず、好不調の波をできるだけ小さくするというのが、唯一徹底していることなのである

Battlefield: Bad Company 2 – 難易度Hardで二週目(14)

休憩を挟まずにDaikatanaをプレイすると心身に重大な影響を及ぼす恐れがあるので、前々からやり直したかったBFBC2を難易度Hardに上げてやってみた。Hardといってもそれほど難しい場面は無く、アクションシューターとしてはNormalと同様”まぁまぁ”といったものであった。面白いキャンペーンを求めているプレイヤーにはまずお薦めできないが、それなりの面白さで十分という人には、Frostbite 1.5特有の派手な建物破壊や砂煙や吹雪などのビジュアル的な楽しみもあり、総合的な満足度は高いように思う。

BFBC2Game 2017-03-29 21-16-44-01_R
◆視界が塞がるほどの砂煙はなにも写真の場面だけではなく、全編を通してプレイに支障が出る。そのせいで一部のステージでは何度もやり直しをさせられたが、BF3以降ではこのような描画は無くなっており、ユーザーからのフィードバックを受けDICEはしっかりと修正しているわけなので、多少ムッとした程度で収まっている。グラフィック技術の進歩には開発の独善やプレイヤーの犠牲(?)が多少必要なのである

BFBC2Game 2017-03-29 23-12-58-24_R
◆グレネードとグレネードランチャーは他のゲームからするとありえない程の量が持てるうえ補充も容易なので、敵が建物の窓から攻撃してくる場合は遠慮なく爆破しまくってやろう。真面目に銃撃戦をしても良いが、やはり建造物破壊に焦点を当てた(ゲームエンジンに合わせた)ゲームデザインに乗っかるほうが遊びやすいし楽しみやすいように思う

Battlefield 4 – どこか安っぽいキャンペーン(13)

BF3のキャンペーンが意外にも楽しめたので、続くBF4のキャンペーンも難易度Normalでやってみたのだが、敵を倒すごとにScoreが加算されることに驚いた。この大きな変化がどうもFEAR3と重なって見えてしまったため、微妙な印象でのスタートとなったが、ヘッドショットにもささやかなボーナスが付くことから、シューターとしてなかなか遊べるんじゃないかなと思えた。…のだが、すぐさま爆発物でマルチキルを狙ったほうが楽に点数が稼げることに気が付き、FEAR3というよりもBulletstormに近いお馬鹿ゲームなんだなと理解した。このKillとScoreを結びつけたシステムをシングルにまで持ってきたのは、本命であるマルチ対戦との境界線を薄くする意味では成功しているかもしれないが、どうもFPSというよりもガンシューティングに近くなってしまっているので、ド派手な爆破や崩壊シーンを目にしても人事のようにしか感じず(一人称視点特有の没入感が欠如)、大変なグラフィック技術を使っている割に安っぽく見える。満足感はBF3の方が遥かに高かった。

  • 初心者にスポットを学ばせるゲームデザインはGood
  • ビルやダムの破壊シーンは特に素晴らしく、Frostbite 3ならではの凄さを感じられる
  • 階段やハシゴの昇り降りに他のゲームでは見慣れぬ新しい視点や動作が加えられていたので、DICEがMirror’s Edge 2のことを忘れていないようで一安心
  • 三つのマルチエンディングを見るため(武器のアンロックに関係)に最後のステージを3回プレイする必要があるのだが、エンディング後に再度ステージをロードしたらフリーズ。これを偶然起きたフリーズだと考え、二度目のエンディング後にも再度ステージをロードしてみたのだが、やはりフリーズしてしまった

bf4 2015-05-07 22-58-45-38_R

bf4 2015-05-11 09-57-48-78_R

Battlefield 4 – ランク75到達(12)

前回の記事では工兵に飽きて偵察兵を始めたと書いたが、その偵察兵のスコア稼ぎ性能にすぐさま物足りなさを感じてしまったので、援護兵と突撃兵にも触ってみた。全ての兵科のガジェットをアンロックした後は、FGM-172 SRAWの使い勝手の良さに気が付いたので、再度工兵をやっていくことに決めた。白兵戦が激しい時は援護兵に切り替え。突撃兵は兵科共通のカービンが高性能化したことにより相対的に攻撃力が下がったので、魅力が減ってしまった。もしDICEがコンクエストにおいての突撃兵の人口を減らしたいと考えているのならば、これは成功しているように思う。

気に入っている武器は連射速度の高いSG553、MG4、AEK-971、CS-LR4あたり。まったく参考にならないと思うが、同時期に擬似3DのFPSを遊んでいたせいかY軸の存在がおぼろげでAimがガタガタになってしまっていたので、サプレッション効果を狙って適当にフルオートで連射して誤魔化すことが多かった。Kill/DeathレートやKPMなどの対戦成績は、結局のところ別のゲームモードやOperation Lockerで遊んでいるプレイヤーにはどうあがいても勝てないのがわかったので、多少無理してでもKillを稼ごう(成績を上げよう)という気が起きなかった。スポットして削るだけでも結構おいしいスコアがもらえるしね。

bf4 2015-03-08 17-18-50-53_R
◆SRAWでヘリを破壊できた時が最高にドヤれて気持ちいい

bf4rank75
◆SPMに対してK/Dがやや物足りない。直接的な撃ち合いで負けている印象はないが、ガジェットの弾薬が切れるとすぐに自殺して補充するのが原因だろうか。既にゲームをクリアしている気持ちでいっぱいなので、プレイする機会は激減するだろうが、今以上にスコアを稼ぐとなるとやはりヘリやタンクの操縦を覚える必要がありそうだ。