Titan Quest – Battlemage / Legendary(24)

考えていた以上に中途半端なキャラクターになってしまった。範囲攻撃がないので、雑魚敵を相手にするのが精神的にキツイ。2刀の方が良かっただろうか?単純に弱いビルドだったということもあるが、尖った点もなく、ひたすら強化にし続けるだけで遊びの要素があまりにも少なかった。

Tqit 2013-07-02 01-43-45-24_R
◆ガチ装備。お洒落な装備を付ける余裕が無い

Tqit 2013-07-02 01-43-37-63_R

トレハン必須っていうか最強装備必須

とにかく即死しないようヘルスを最優先で上げたいところだが、ヘルスアップが付いている装備は最上位クラスのものばかりなので、ただただただただ無心でトレハンするしかないのである。今回、多少のこだわりがあって紫武器を使っているが、強力な緑武器ならばもう少し防具がゆるくてもいけるかも。

Tqit 2013-06-29 10-29-03-44_R

運が絡んでくるが、しっかりした武器を持たせればBattle Standardのもとで5桁のダメージを連発できるだろう(Volativity)。気になっていたEruptionは最終的に極INT型と近いダメージが出せるようになったので満足。STR>DEX>>>INTでも十二分に魔法戦士っぽい。

オススメしにくいビルド

総合的な強さはないものの、旗さえ立てればボスやヒーローモンスターを瞬殺できるので、それらを専用に狩るキャラクターと考えればギリギリ価値を見いだせる。

Titan Quest – Battlemage / Epic(23)

片手剣のWarでもEarと組み合わせれば、そこそこの火力を確保できると考えたのは正解だった。盾とEarth Enchantmentの組み合わせは攻守ともにバランスよく優秀である。炎を付与した剣撃はVolativity(33%の確率で200%の炎ダメージがプラス)とBattle Standardでブーストすることで、瞬間的ではあるか非常に高い火力を出せる。

どこで防御を稼ぐか

盾があるので真剣に考えなくてもいいが、防御スキルが少ないので適当でいいこともない。

  • Dodge Attack → 敵の近接攻撃を回避するパッシブで、わりと重要。
  • War Horn → 範囲スタン。5くらいあれば緊急回避として重宝する。
  • Stone Form → 自らを石化させダメージを無効化する緊急回避。スキルの解除時に敵に囲まれてしまう問題があるものの、War Hornと組み合わせれば、石化中にWar Hornのリチャージが完了するため、Stone Formの弱点を消し、安全に逃げることが可能。

Tqit 2013-06-26 22-02-42-54_R
◆Stone FormはEruptionを撒いてから発動すると攻撃的にも使える。詳しいことはEvokerの記事で詳しく書いた。

Tqit 2013-06-23 23-44-41-66_R

現在の時点でLegendaryをクリアできる算段はついているが、ビルド関係なく装備品の力だけという気がしてきた。攻撃スキルがなく、鈍器で殴るだけのキャラなってしまったので余計にそう感じるのかもしれない。

Titan Quest – Battlemage / Normal(22)

Battlemage(Warfare/Earth)はTitanQuestで唯一打撃と魔法を両立できるクラスだ。この特徴を生かし、魔法戦士として育てることにした。Warで近接を強化し、Earthで火力を補助する。Legendaryクリアを想定すると、2刀をぶん回してると即死するのが目にえているので片手剣(鈍器)と盾の組み合わせが良いだろう。炎魔法のEruptionは物理Dmgと魔法Dmgが一対一の割合なので、INTを上げなくてもダメージが期待できる。これで魔法戦士っぽさを演出したい。

Tqit 2013-06-22 21-38-38-57_R

ボス戦は困らないが、雑魚処理が苦手

Battle Standard のおかげでボス戦は得意だ。しかしその半面、範囲攻撃を持たないので、雑魚敵の処理は少し苦手。幸い打撃の一発一発は重いので、殲滅に時間がかかるわけではないが、いちいちクリックするのが面倒に感じる。

Tqit 2013-06-01 13-29-25-95_R

Spellbreakerの装備を流用できたので、ほとんど苦労はしなかった。マスタリの組み合わせ自体が個性的であり、人と違ったゲーム展開を望むならありだろう。1stキャラだと地獄という意味。

Sacred Gold – さっぱりとした気分でクリア(5)

序盤は遠距離攻撃してくる敵が下がりながら撃ってくるのが気に入らなくて、イライラしていたのだが、武器防具が充実してくると気にならなくなっていった。むしろ後半は被ダメージが減っていくのが気持ちよくなっていった。死のペナルティが少ないのも気に入っている。最終的にやってよかったと思えたゲームだったが、やり込む気にはならなかった。

Sacred 2013-05-16 16-38-07-20_R

火のエレメンタルを守るドラゴン。恐ろしく強いのでレベルを上げて再挑戦したかったが、周辺のサブクエストが少なすぎて経験値稼ぎを苦行に感じたのでハメ殺しを選択。

Sacred 2013-05-19 20-14-44-01_R

序盤がとにかくキツかった。その結果ビビりすぎてガッチガチに育成してしまい面白みのないキャラになった。ドロップは非常にシブくて、テンションの上がった装備はクリアまでに一つしか出なかった。ゴールド以上の難易度をやれということだろうか。

操作性に難あり

Sacredにはキーコンフィグが備わっていないので、人によってはプレイ前にブチ切れるかもしれない。近接職で遊び始めると雑魚敵はちょこまか動くわ、弓持ちは後退しながら撃ってくるわでひどいゲームだ。アクションゲームとしては完全に死んでいるので、しっかりと装備を整えろということなのだろう。Sacredに限らず、WASDを移動に割り当てられないハックアンドスラッシュは「クリックミス程度で死なないようにキャラを強くしてくれよHAHAHA」ということかもしれない。

コンバットアーツ

  • 連続攻撃→メイン攻撃。レベルは1のままで良さそうだ。
  • 信仰の力→命中率が上がるのが美味しい。使い勝手は悪いので光のローティングブレードとローテーション。
  • 光のローティングブレード→魔法学がなくてもそれなり使えるが、ややダメージ不足。
  • 天上の光→敵のグループを見かけたら、とりあえず撒いておくと良い。飛行している敵にも当たるので優秀なコンバットアーツだ。

RAGE – おかわりDLC(3)

本DLC”The Scorchers”ではクエスト、武器、敵、ミニゲーム、ウルトラナイトメア難易度が追加されるのだが、その中でも一番価値があるのはクリア後も探索できるようになるところだ。私はDLCを適応した状態からゲームを始めたので気が付かなかったのだが、当たり前のシステムが備わっていなかったようだ。

rage 2013-05-04 15-45-17-73_R

美女のサラと共にスコッチャーという盗賊を倒すのが主な目的なのだが、彼女との共闘は少なく、後半にはさらわれてしまうのでお姫様的の立ち位置となっている。

rage 2013-05-16 23-50-51-92_R

ひと通りクリアするとコレクションルームに入れる。鑑賞できるようになるのでインベントリで埃をかぶせているレアアイテムを換金してもいいかもしれない。

サラ「オープン・ワールド・・・あはは・・・ウケるわ」
ユーザーへの皮肉だろうか?

RAGEの世界が広がるので良いDLCだと思うが、如何せん出すのが遅すぎた。

Doom room

rage 2013-05-17 01-32-20-80_R

Easter eggに興味はないが、idがせっかく作ってくれたのでDoom roomにご挨拶。

役に立ったSteamガイド

RAGE Graphics Fix & High Res Textures
The Doom Room