Pioneer BDR-206のグリスアップ

光学ドライブのトレイが開かなくなったので、強制排出ボタンをドライバーで突きながら騙し騙し使っていたのだが、流石にストレスを感じるようになってきたのでメンテナンス方法を調べてみた。分解などしたこともないが、検索してみるとその手の記事が結構出てくるので、かなり希望が持てる。…どうやら”ゴムベルト”という奴が重要なようで、こいつが劣化するとトレイの開閉がうまくいかなくなるらしい。そういうわけで、ゴムにグリスを塗りなおして直れば万歳、ダメなら新品と交換という流れは理解できた。それほど古い機器(2011年)ではないし、激しく使った覚えもないため、「軽くグリスでも塗れば治るだろう」と楽観的に考えタミヤのモリブデングリスを購入。

その後、構造を見ながらBDR-206を分解し、ゴムベルトを発見。無水エタノールをつけた綿棒で軽くこすってから、グリスを薄めに塗り直した。グリスをなじませるためトレイを押したり引っ張ったりするうちに、どんどん開閉の負荷が軽くなっていったので、通電させていないうちにもう直った気分だ。実際にPCに組み込んでからイジェクトボタンを押すと、勢い良くトレイが出てくるようになった。良かった良かった。メンテナンスの完了である。

DSCF1593a3

…実は先ほどまで書いた内容は全て”練習”である。本番は希少なPLEXTORのCDドライブのグリスアップ作業なのだ。BDR-206に面倒な感情をもっていたのは事実だが、ディスクの読み込みを行う頻度は数ヶ月に一度なので、さほど気にならない。しかしPLEXTORの方はRetro Gaming用にかなりの頻度で動かしているので、トレイの開閉がぎこちないのが気になる。そこでBDR-206を練習に使うことを思い付いたわけだ。

多少でも経験があると違うもので、苦戦しながらではあるが、落ち着いてCDドライブの分解に成功。しかしすぐさま問題が発生。ゴムベルトが無いのだ。無いというか、方式が異なっていて、ゴムじゃなくてギヤ(歯車)でトレイの開閉を行っているのである。想定の範囲外に少々悩みながらも、先のドライブと同じ工程でギヤにグリスを塗りなおしていく。…が、手動でトレイを動かしてもあまり動きがスムーズにならない。悲しいかなこれ以上の処置も分からないため、不安に思いながらも電気を通しての開閉テストに移る。…やはり具合がよくない。しかし何回も開閉動作をしているうちにグリスが隅々まで伸びたのか、どんどん開閉がスムーズになっていき、最終的に直ったと言える状態になったと思う。組立中に一部分壊してしまったけれど(外からは見えないのでセーフ)、開閉動作は正常になったわけだから、めでたしめでたしなのである。

DSCF1597a2

Wheel Mouse Opticalの減光処理

久しぶりに触ったWMOは小ぶりで握りやすく、記憶の通り良いマウスであった。しかし、それと同時に尻尾の赤LEDが眩しすぎて苦痛だったのを思い出したので、快適に使えるよう思い切って改造してみた。タイトルには減光処理などと偉そうに書いてしまったが、フタを開けて発光ダイオード周りにビニールテープを巻くだけの簡単な工作である。仮に不慣れで不器用だとしても30分以内に全工程を終えることができるだろう。

wmo_a2

分解方法だが、まずマウス裏のソールを全て剥がす。再度貼り直すソールを無傷で剥がすのがベストではあるが、もし傷つけたり変形させたとしても互換性のあるゲーミング用品で替えがきくので心配はいらない。四つのソールを剥がすとそこに隠れていたネジ二つ(下部)とツメ二つ(上部)が見えるはずだ。実際に触ってみれば分かると思うが単純な組み立てとなっているので、下のネジを緩めてから上のツメ部分をマイナスドライバーか何かでケーブル方向にぐいっと押し出せばOK。マウスのフタを外すことができる。あとはもう光源のまわりにビニールテープを巻くだけだ。フタを開けたついでに軽い清掃も済ましておくと、”メンテナンスした感”がでてくる。恐らくホイール周りがかなり汚れているだろうから、綿棒に消毒用アルコールなどを染み込ませて軽くこすっておけばホコリや垢が落ち、清潔な感じになるだろう。ここまでやってみると結構な愛着も湧いてくるように思う。

Mouse Skates製Razer Deathadder用交換マウスソール

たかがテフロンの欠片に1500円は出したくないけれども、トスベール(カグスベール)を加工するのも何だかなぁという理由で中国製の安価なマウスソールを購入してみた。この商品は現在Amazonで二個セット送料込み750円で販売しており、数ヶ月前に私が購入した値段と変わっていない。願わくば大幅な値上げをしないでもらいたいものだ。性能の方はというと、なかなか滑りが良いように思う。私の年代物SteelSeries QCK heavyとの環境下で申し訳ないが、動きの激しいTitanfallで不自由さを感じなかったのが理由である。他にDay of Defeat: Sourceをプレイしてみたのだが、こちらではやや止めが弱いように感じた。以上の二つが大雑把な感想であるが、これ以上の詳細な説明となると第一線(?)から遠ざかっている私には不可能。よって、あなたが勝ちにこだわるプレイヤーならば安価なので自分で試してみて欲しい。逆に普通に遊んでいるプレイヤーが趣味(PCゲーム)の道具(Deathadder)のメンテナンス用品として購入するというのならば、十分な価値を約束できるので、強くオススメしたい。

71-fd+5HnFL._SL1001__R

余談であるが、近頃の交換用ソールは開封すると清掃消毒用の小さなアルコール綿が同封されている。私はあれで自分のマウスを磨くというか拭くのがたまらなく好きだ。このアルコール綿もテフロンと同様にとてつもなく低い原価だと思うのだが、そんなことはまったくどうでもいい。『交換用ソール』という拭く物と貼る物がセットで売れられている商品を購入して、今まで使っていたマウスが綺麗になり性能も戻る(上がる)というのが、理屈ではなく無性に好きなのである。ひょっとすると物を長く大事に使う喜びかもしれない。これが自分で用意したアルコールと綿とトスベールであったならば、確かにもっと安く仕上げられるだろう。しかしそれでは満足感が得られないのだ。これがいわゆる「趣味にお金を遣う」というやつなのかもしれない。(一応言っておくが、けち臭く読める文章の出だしと矛盾しているわけではない)

また、そんなことを長い間繰り返していると初代Deathadderをつい5年以上も使い続けてしまい、愛着も湧き、Deathadder 2013を使っている今も捨てようという気が微塵も起きないようになる。人によってはマウスは消耗品かもしれないが、私にとってマウス…というかDeathadderは消耗品ではないのだ。さて、このテカらないようにマイナーチェンジされたDeathadder 2013を私はいったい何時まで使い続けてしまうのだろうか。

GTX970に換装

81BO4U1+fLL._SL1500__R

GTX480 SLI からGTX660 SLI へと二回連続でSLIを遊び試してみたのですが、小さな不具合(不具合なのか正常なのかの判断がつかない程度の不具合)が起きる度に「SLIが原因かも」と頭をよぎるのがストレスとなってきたので、シングルカードに戻すことにしました。古いゲームを動かす機会が多くなってきたのと、GTX970が性能の割りにお買い得だったのも交換理由。ただ、元々二枚構成にしていた理由が3DグラフィックスというよりもPhysxの強化なので、それは継続する形で今後GTX970+480の二枚構成でゲームを遊んでいく予定。

Risen3D 2015-01-06 15-35-37-21_Ra
◆やはりハイエンドで遊ぶDOOMは一味違うな

Razer DeathAdder 2013 – 概ね満足

2013

Razer DeathAdderの初期モデルからRazer DeathAdder 2013に乗り換えて8ヶ月が経ったが、大きな不満は無い。乗り換えた理由が「ベタベタするのが嫌だった」というだけなので、当然といえば当然だ。初期モデルよりもマウスの背が低くなって、持ちやすくなったのも気に入っており概ね満足している。わがままを言えばセンサーは初期のままが良かった。

気に入らないのはRazer Synapse 2.0

Razer DeathAdder 2013はドライバレスのマウスなのでPCにつなぐだけで動作するのだが、細かく設定するにはやはりドライバを導入する必要がある。しかしRazerのサイトには通常のドライバが存在せず、現状ではRazer Synapse 2.0というクラウドベースのドライバソフトをインストールしなければいけないのだ。そのRazer Synapse 2.0は現在非常に不安定であり、まったく信用出来ない。ドライバソフトなのに接続されているマウスを見失うのは日常で、起動しているだけでいくつかのゲームを異常に重くしてしまうのが煩わしい。正直、自室でしかゲームをやらない私からするとRazer Synapseを使用するメリットは皆無で、PCを不安定にするだけだ。折角マウス本体がよく出来ているのに、Razer Synapseのせいで台無し。通常のドライバを提供してくれるのであれば、褒めちぎってもいいと思うが。