Call of Juarez: Gunslinger – 頭撃ってハッピー(3)

好きではあるが西部劇やその時代背景には詳しくないため、その手の話は他のレビュアーに任せて、いつも通りアクションゲームとしての感想を書く。最初に感じたのは非常に”まとも”であることだ。前作The Cartelを触れてみれば分かると思うが、アレはうんこにゲロをトッピングしたような凄まじく酷い代物で、Dead Islandの片手間に作っていたとか、有能な人間が去ってしまったとか、CoJシリーズの未来を大きく心配させられたものだ。しかし、本作を触ってみると、それは思い過ごしであったことに気付く。やはり彼らTechlandは出来る子だったのだ。最重要部分である銃を撃った感触もBound in Blood時代に戻ったようで、とても良い感じ。そのBiBでは弾がまっすぐに飛びすぎることにやや味気無い印象であったが、今作ではスコア制が導入され、弾がまっすぐ飛ぶことに対して前向きな感情を与えることに成功している。さらにストーリーも軽めのものに変更されていて、スコア制との調和もうまくいっているように思う。率直に言ってゲーム作りが大変上手だ。

  • 大作ではないが、優秀なシューターに間違いはなく、値段分は絶対に損しない
  • 嬉しい日本語字幕だが、戦闘中にも会話がドンドン進むため、シングルタスク脳には辛い
  • マウスだとライフル銃が最も安定して強く得点稼げるので、近接銃器が息抜き程度の存在
  • QTEが存在するものの低難易度かつ、ペナルティも少ないためストレスは少ない
  • リロード時間が早くなったのはゲーム的には良いが、雰囲気的にはマイナス

CoJGunslinger 2017-04-24 18-22-33-19_R
◆相手のガトリング砲から身を隠している場面。見えづらいかもしれないが正面に石があり、それが転がっている図。実はこの石、ガトリング砲が当たって岩石から削れたもので、それが物理演算されながら転がっている。いやーすごいChrome Engine 5すごい。フレームレートがやや不安定なのも、こういう地味な場所にパワーを使っているからなんだろうなぁ。物理演算だけでなく、単純な見栄えや色合いもゲーム特化といった感じで好印象だ

CoJGunslinger 2017-04-27 21-38-54-56_R
◆ダサ格好良い!?強敵と戦う前のカットインは大体こんな感じ

CoJGunslinger_2017_04_21_23_09_02_455_R
◆早撃ち勝負。シリーズを合わせて結構な時間やっているはずなので、まったく上手くなっている気がしない

CoJGunslinger_2017_04_26_23_29_23_097_R
◆霧の描画が素晴らしい。彼らも自信があるようで、この手のシチュエーションが多い。霧と木漏れ日は文句なく素晴らしいが、炎、水は多分見る人間によって好みが分かれるだろう。迫力を重視しているため、色合いが少しわざとらしいのだ

CoJGunslinger 2017-04-27 20-51-19-19_R
◆難易度Normalであれば苦戦しないだろうから、適当に頭を撃ち抜いてスーパーガンマン気分を味わうのが良いと思う

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。