Belly of the Beast – Quake2の可能性を探る(8)

Quake2というゲームは他社のFPSよりは遊べるものの、やはりidが作ったFPSの中で最も怪しい出来だ。そこで評判の良いカスタムMAPをいくつかプレイしてみて、本当に微妙なゲームなのかどうかを確かめてみたいという企画の第一弾。今回は気まぐれで3.24 Unofficial PatchとShamHawke’s_Lazy_Quake_2_Patcherを適用したQuake 2のクライアントでプレイしており、Source portは使っていない。前述した二つの適用によりBGMの再生とWidescreenへの変更が可能となるので、現在における最低限の環境と言えそうだ。

さて、このBelly of the Beastだが、実のところオリジナルQuake2とあまり変わらないと言うか、テンポが早くなっている分だけ良くなっているのかもしれないが、基本的にはよくわからないのが正直なところ。それでも気になった点として、Iron Maidenが序盤から出現するのが印象的だった。ロケットランチャーを装備しているものの、動きが緩慢で非常に弱く、本編では終盤から出現する敵として違和感があったからだ(マクローンの趣味で本拠地に女兵士を配備したという設定かもしれないが)。また、本編と同様に全体がユニットで構成されており、各レベルを行ったり来たりしなければならないのだが、これは煩雑さが減っており、単純で分かりやすく、射撃に集中しやすかったと思う。が、本シングルMAPがいくつかのカスタムMAP評価サイトで高得点だということを考えると、やはりQuake2には期待できないのかもしれない。

quake2 2014-12-17 23-45-55-09_Rg
◆この画像は色合いをいじってあるが、ゲーム中でも原色のライトが多数設置されており、オリジナルQuake2よりも幾分か色鮮やかだ

Similar Posts:

Belly of the Beast – Quake2の可能性を探る(8)” への2件のコメント

  1. QUAKE2は確かにidのゲームの中ではかなり怪しい出来ですよね。
    それは自分も思っていました。

    当時はグラフィックが凄いという点で反響はありましたし
    DOOMを引きずっていた初代QUAKEから、近代FPSの基礎を作り上げたという点でQUAKE2は評価できますが
    先日も言ったようにインパクトのあるボスの不在であるとか、アイアンメイデンの良く分からないキャラ性能、
    タンクという敵もイマイチ強敵とは思えずレールガンがやたら強かったり
    それが強い割にはイマイチ爽快感が無かったり…。
    同じ世界観を共有するQUAKE4の方がゲームとしては面白くなっていると思います。

    • 先日「Progetto Genoma」という敵がたくさん出てくるQuake2のカスタムMAPを触ってみたのですが、うんざりするほど出てくる敵を処理するのが思いのほか楽しくて、だんだんQuake2がよくわからなくなってきたところです。ありきたりな意見になってしまいますが、やはり武器が良くてMAPが悪かったのかもしれません。

      Q2を評価するのには同意です。ややネガティブですが、アイアンメイデンとマークロンに関しては存在感が薄かった分だけ、Q4でかなり強化されたので、過去作のファンを楽しませるという役には立っていそう。
      難易度Nomal同士だとQuake4の方が爽快で面白かった記憶があるのですが、ここのところ間を空けずに両方難易度Hardでプレイした限りだと、どちらも被ダメが多すぎて「そこそこ」なゲームに感じました。QuakeはNomalで遊ぶのが幸せかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。